2013/09/02 (Mon) グルジアの万能スパイスとバイソン肉


ロシアン手下にブルックリンのロシア街に買いに行かせた(やや誇張→行ったついでに買ってこい、お願いします、と中途半端な上から目線で頼んだ)グルジアの万能ミックス・スパイス、フメリ・スネリ。いつまでたっても名称を覚えられず、ほら、あのクネリフメリだかクニャリフマリだか…とふにゃふにゃ言っておったら、「ああ、あれかい、もちろんおらも使ってるだよ、いまさらか、ふっ」と手下は鼻で笑った。
さすがグルジアは旧ソビエト連邦、浸透しておるスパイスなのであろう。普通ならこのスパイスはラムと相性がよろしいのだが、


本日はバイソンすなわちバッファローさんの肉で。
オリーブオイルとニンニクでマリネしたら、フメリ・スネリをぱっぱと念入りにふりかけ、ベイビーQたんでじゅー。舞茸、ベイビーズッキーニ、チポリーニオニオン、フラットブレッドも負けじとじゅじゅー。
おお、牛肉よりマイルドで脂身も少ないバイソンが、スパイスのおかげでぐっと深みを増しておる。癖はないものの、ぎゅっと締まった野性味あふれる肉と異国のスパイスの香り、相性よろし。
最近アメリカではこのバイソンが注目されておるらしい。カロリーもコレステロールも牛肉より低く、しかし鉄分は高いヘルシーミートなのだとか。しかも成長ホルモンや抗生物質は一切使われず、限りなく野生に近い状態で飼育されているから、安心じゃ。
でも私はじつのところ、もっと脂身あってもいいんじゃがな…(こそっ)。お次は脂ののったリブアイのグルジア風も試してみたい。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<あんこうとからすみ | TOP | 焼きミョウガと鰯>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1466-27325637

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS