2013/09/08 (Sun) 焼きベイビータコさん


アストリアの魚屋で買いし、ベイビーオクトパス。そそられる…、宇宙人みたいなこの姿形。芽キャベツとか、ベイビーコーンとか、カマキリやイカの赤ちゃんとか、ちっこいのに原型が完成されておるものにめっぽう弱いのである。カマキリの親は怖いが縮小されただけでいとおしくなるのは、なにゆえか…。


可愛い顔しておるが多分このままじゃ固そうなので、水は入れずにタコの水分だけでことこと弱火で蒸し煮すること35分(途中で水分がなくなったら足す程度)。20分あたりで様子をみたが、まだ固かった。ちぇ、こんなに手間かけるなら2ダースぐらい買えばよかった…と欲をはる。


ようやく柔らかくなってくれたところで、しばらくマリネ。レモン汁とEVオリーブオイルを泡だて器でががーっと混ぜて乳化させたものにガーリックを加えて。そして待望のベイビーQたんでじゅー。ベイビーQたんに初のタコ参上なり、めでたし。
この後、豚バラ串などものせたところでなんと、あわや消化器登場かという事態勃発。グリルは毎回掃除しておるのだが、受け皿とグリルの間に落ちた脂はいままで放置していたのだった(するなー)。そこに火がついてぼぼぼーっと炎があがったのだ。ひいっ。どうにか落ち着いてくれたけど、ああ怖かった。


という事態なので、予期せぬ強火で焼いた(焼けた)ぷりぷりかりっのタコさん、うん、旨し。マリネに使ったレモン・ガーリック・オイルがなかなか美味しいので、ノーザングレートビーンズとフレンチレンティル、蒸しブロッコリーニにも和えて、ご一緒に。


問題の豚バラは黒七味とレモンで。そりゃあ(これも予期せずに)かりっと脂も焼けた。紫玉ねぎ、ブラウンマッシュルーム、蒸しとうもろこしと。
はぁ、これからはベイビーQたんのお掃除を怠らぬようにせねば…。と言いつつ、焼きダコ、すっかり気に入ってしまったので、今度はポルトガル産の大蛸で挑戦したいとうずうずしておる。


一連の騒動を見下ろしておった、なんとなく顔みたいな本日の雲。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<ギターセンターにて青年は荒野をめざす | TOP | へなちょこ卓球とフレンチ・レンティル>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1473-89001d34

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS