2013/10/31 (Thu) 箱庭ハロウィン


はっぴー・はろうぃん@日本。日本でもこんなにハロウィンが盛り上がっておることにびっくりだ。数年前まではそうでもなかった気がするけれど、何が日本人の心をくすぐったのじゃろうか。仮葬か、かぼちゃか、骸骨か…。
こちら↑は、以前遭遇したマイケルズのハロウィンのミニチュア・コーナーにて、まったり過ごす骸骨夫婦。「老後、というか、死後のあたしたち、色々あったわねえ」。


こちら若夫婦。じゃが、すでに血まみれ。夫婦はねぇ、ほら色々あるから。


骸骨の洞窟へようこそ。日本語、韻をふんでおるし。


こういう木、絶対どこかにある。


素敵なゾンビ世界へと運ばれ中。


いやあ、長いことマイケルズのこのコーナーで愉しんでしまった。怖いモンや恐怖映画は苦手なんだけど、ミニチュア好き、箱庭好きの心をくすぐるディスプレイなんじゃもの。このハロウィン・モデル、全部ほしくなった。

楽しみもの | trackback(0) | comment(0) |


<<稲取3日目の朝ごはん | TOP | あわびをしゃぶっと>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1491-d055740d

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS