2013/10/21 (Mon) こりっと白魚


老親と銀行回り。とんちんかんな3人組、銀行員に「うちはここに口座持ってましたっけ?」(人にそれを聞くか)「お客様は外貨預金をもっておられますねえ」「ふぉぉぉ(通帳は?カードは??と青ざめつつ。父はそれは解約した、と軽く断言しておったのだ)…「知っとけ」と思ったであろうよ銀行員。
こういったことも、かりかりしたり、呆れたりするのではなく(人のこと言えんし)、ほほう、と会得して面白くやり過ごさねばならんのだと日々実感しておるところだ。
本日のしらうおの刺身、新鮮なしらうおは、ねちゃっとだらけず、こりっとした食感であるのを久々に思い出した。おろし生姜に醤油ほんのちょろっ、で、


ハマチに鯵たたきもやはり、いい感じで歯にこりっとくる新鮮さ。まちこ師匠にさんざん習ったにも関わらず、刺身の切り方、雑な件…。


甘長とうがらしの網焼き、ほんの少し胡麻油を塗って。名の通りあまく、ししとうより肉厚なのが嬉し。赤いのは、日本で毎日ぞんぶんに食べさせていただいておる茗荷。
そういえば、NYに残してきた我がベランダの茗荷さん(や、いちじくさんや柚子さん)が気にかかる日々だ。まさか私の留守中に貴重な花穂を咲かせておるってことはないだろうな…ああ気になる。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<フォロのドレッシング三昧 | TOP | 佃煮活用法>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1494-186c17ea

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS