2013/10/22 (Tue) ザッパーなふき煮


この時期あまり見かけないふきを見かけたので、思わず手にとった。そして母に「薄味でね、薄味で…」と呪文のように言い聞かせつつ、無責任に手渡す人頼み。鍋に入るぐらいの長さに切ったら、軽くゆでる。本当はゆでる前に塩で板ずりしておくと変色しなくていいのじゃが、このザッパーな娘にしてさらにザッパー最強母、そんな手間は軽くスキップ。冷水につけた後、丁寧に薄皮をむいて筋をとり、だし醤油とさっと煮る。手間がむくわれるよな、ふきのいい香りだのう。
いつも思うのだが、これ、ふきにそっくりなルバーブでやったらどうなるんじゃろう。誰か試してください。


秋刀魚焼きにすだちおろし。毎日食べたい秋刀魚だが、両親は「肉…肉が食べたい」とうわごとのように。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<えぼしにて、釜揚げしらす | TOP | フォロのドレッシング三昧>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1495-a84b6933

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS