2013/10/26 (Sat) 今年も町田観光


高校時代からの友と町田でまちあわせ。合言葉は、ダイコクドラッグで中腰でな!(なぜダイコクなのか、なぜ老体にはキツい中腰なのか、もはや俺たちにもわからんのだが)
…と思ったら、あれ、ない、ダイコクドラッグがないよ。いつの間にか消えて、ファミリーマートになっておった。長年の習慣がこうも簡単に消えうせてしまうことに動揺を隠しきれず、とりあえず町田をぶらぶら。ルミネで図らずも人生数度目かの揃いの服を買い(NYと日本でかぶらんから、よしとする)、富澤商店で乾物を吟味し、Mujiでパンツとスプレーボトル買って(Mujiのスプレーボトルは優秀。園芸に愛用中)、薬屋めぐりを終えたら、ようやく晩ご飯。
店名はアレだが、去年見つけて気に入った町田観光へ。ビニールの暖簾をくぐりぬけて階段をのぼれば、


どことなく昭和のスナック風な一角へと通される。隠微なカーテン付ロフトベッド風の席からはうふふあははと楽しげな若い声も聞こえてきたりと、コンセプトのよく解らん店内だが、まずは1年ぶりの再会の乾杯をば。


ふふ、メニューにある日本酒の他に、「ないの? 他のないの?」とシツコく訊くと別銘柄が出てくるのは、去年の経験で解っておるぞ。そして出てきた鳥海山の大吟醸に、突き出しの自家製豆腐。


あれ、この鳥皮ポン酢、歯ごたえが今一歩で鳥皮噛み切れん。ほかに、これは新鮮しまあじ、ハズれなき水餃子、しめにサービスで出てくる鶏スープまでしっかり味わったけれど、ううむ、なんか去年より感動薄いのう。前回絶賛の嵐を浴びせた白子の博多焼きがないのも残念…。
去年は「これからは毎度この店でよし!」と断言していたくせに、二人して「来年はどうかなあ、くるかなあ」「いやいやあと一度はチャンスをあげようではないか」(上から)などとぶつぶつ。何十年も町田に通っておる我々の基準は、厳しいのじゃよ…ってそのわりにハズれ多いけど。


そんな中、今晩の一等賞はこちら。豚トロリキャベツ蒸、カロリーをむやみにあげる豚脂に目のない我のツボにはまった。とろっと煮えた濃厚な豚の旨みがしみこんださらに柔らかなキャベツ。これはまた食べたし。
「そういえばさ、今年初めてジョルナ覗かなかったよね」「だねえ、とうとうあたしたちもオトナになったんだねえ」と語り合う。ギャル服満載のジョルナ、高校時代からの習慣でつい足を運んでいたのであるが、その呪縛からとうとう離れ、いまや、いつものバカ話の合間に親の介護問題を訥々と語り合っておる我々である。
また来年も元気で会おうよね、と言いつつ、次はどこで中腰なのかが懸念される。マツキヨかサンドラッグか…。意外に穴場なOSドラッグか(なぜに薬屋?)。

町田観光 五つ星 
東京都町田市森野1-13-22 リバーウエスト町田 
◆前回の記事は、こちら

| trackback(0) | comment(2) |


<<無性に恋しくなる野菜 | TOP | 肉好き両親~孤独な白子>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

昨日はどうも・・・。
35年ぶりの感覚は全くなかったね。みんなワイワイガヤガヤ、高校時代に戻れちゃうものなんだね。

早速ブログ見させてもらいました。こんなに幅広くやっているなんてホント知らずに、お見逸れしました。
まだ一部しか見ていないので、また、おじゃまします。

2013/11/10 16:21 | wakuwaku(わ・よ)  [ 編集 ]


わかよ~★ 

昨日は本当に楽しかったね~、なんだか遥彼方にタイムトリップしちゃったよ。
私もわかよ(メールで漢字間違えてごめんっ)のブログ、これからお邪魔させていただくね(私のは食い意地ブログなんでおはずかしっ!)、
また来年も元気で会えますように♪

2013/11/10 20:06 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1499-b3d77eed

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS