2013/10/28 (Mon) ぴかぴかないくら丼


伊豆稲取駅周辺には、そう多くの店はない。とくに魚介類となると、行く店はかなり限られてくるのである。去年はなぶらとと、一昨年は魚八寿司だったので、今年はまた別の店にしてみようと、まると水産さんへ。事前に予約の電話をしようとしたら、「平日なら予約なんてなくても入れますよー」と言われてしもた。へへ、観光客なもんでつい気合入っちゃって。


一階はこじんまりした魚屋さん、(二階と)「同店です」の一言がなんか可愛い。なかなかの貼り紙好きと見た。水槽を覗かせてもらったあとは、とんとんと狭い階段をあがって二階の食事処へ。


たしかに…予約はいらないどころか、お店の人もいない…。一階同様、手作り感あふれる貼り紙が、そりゃあもういたるところに。メニュー以外に秘密のお品書きでもあるんじゃないかと、と思わずきょろきょろしてしまう。観光客よりも地元の常連さんが多いようだ。町の食堂といった気さくな雰囲気で妙になごむのう。夜に来て、コップ酒片手に自家製塩辛なんてつまみたい。


両親は海鮮丼。さすが魚屋さん直営だけあって、どのネタも活きがよろしくてぴかぴかしておる。両親「うまい!」「あら汁も美味しい!」そりゃよかった。


私はいくら丼を。おお、こんな綺麗でぷちぷちさらさらのいくら、久々に食べたなあ。しかし稲取まできて、金目丼には手を出さぬ私たち、以前もお寿司屋で「え、金目頼まなくていいんですか」と残念そうな顔されたほどだ(その時はプレッシャーに負けて、頼んだっけ…)。
ま、夜にはきっとまたたんまり出てくるし。そうだ、毎年書いてるけど今年も書かなきゃ。私が昔やっておったバンドの名前はきんめだい…。しつこいし。

まると水産
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取563-1 

| trackback(0) | comment(0) |


<<金目の姿煮、今年も登場 | TOP | 和みの、かやの寺>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1510-95718455

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS