2013/10/29 (Tue) おせっかい


昨日ガン見された野良猫トリオに今日も遭遇。近寄ったら(というか通り道なので仕方なし)、また布団のしたに隠れてしまったけれど、それまで何かを齧っておった。よく見ると特大の魚の骨。旅館の残り物か何かを親切な人がわざわざ置いてやったのだろう。稲取の猫はしあわせだのう。
しかし、それが溝のなかに落ちそうな角度で、かろうじてひっかかっておるのだ。あとちょっと齧ったら、確実に落ちてしまうにちがいない。そりゃ悔しかろう、と、


思わず布団のうえに置き直した。そばでじっとり見守る猫の影。


よく見ると、舌出てますけど…。


そろそろそろり。また落とすなよ、とその場を離れつつも、もしかして、ぎりぎりのスリルで骨齧りゲームを楽しんでおったのかもしれない…、と微妙な気持ちになった。

旅もの | trackback(0) | comment(0) |


<<特大・金目鯛のあんかけ | TOP | 秋の桜とホットドッグ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1515-10e25455

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS