2013/11/02 (Sat) 食べるいわし削りぶし


終日、自室の本棚大整理。色々処分したいのに、めったにファッション誌を買わんので(たいていは書評掲載紙をいただくぐらい)、なんだか貴重な気がし、十数年前のフィガロやシュプールやらが捨てられん。きっと何年も後に見たら、「あの時のファッションはこうだったのね、はははー面白っ、化粧へんっ」などと笑って楽しめるにちがいない、そんな脳内図がうかんでしまうのじゃ。
雲のむこうの、断捨離。
あと、楽しいのが何十年も昔に母が買っていた婦人雑誌の付録の料理本だ。婦人モデルにまた目が釘付けで片付けも忘れるほど。ああもうお宝とゴミの区別がつかん。
さて晩ごはんには、伊豆の細野高原で、お土産屋のお姉さんが絶賛していたので思わず買った、いわしの削りぶしを。「色々売ってるけれど、ここのがっ!生臭くなくて美味しいんですっ」って力説するんだもの、そりゃ買うさ、実家用とNYにお持ち帰り用とふたつも…。。


網焼きした万願寺とうがらしと椎茸にだし醤油かけてすだちを絞ったら、削り節をどっさりこ。臭みがないのもそうだが、さくっさくな歯ざわりがまた旨し。奥は相も変わらず買いつづけておるエシャロット。飽きない、飽きなさすぎる。


頂き物の柿がどっさりあるので、塩して絞った蕪とあわせてなます風にして、とんぶりを和えた。畑のキャビアなんていうぐらいだからきっと栄養価が高いのだろうが、じっさいどんな栄養素なのか調べたことはなく…、ただただぷちっと感の虜。


生協のぴかぴかの秋刀魚は柚子と大根おろしで。


母にリクエストしてつくってもらった、たらこ白滝。小さいときからこの白滝とたらこの炒めものが大好きで、ざばざばと食べておった。いまだってどんぶり一杯食べられるけど、塩分気にして小鉢にて自粛。オトナはつらいよ。これ明日トーストにのっけても美味しいんじゃないかなあ、どうかなあ。
それにしても本棚整理でスクワットをしすぎ、かな~り膝が痛いのである。オトナというより年寄り。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<カイドのゆかり | TOP | こけらで、さかな>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1524-ee4d06ea

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS