2013/11/04 (Mon) カイドのゆかり


伊豆土産で家ごはんシリーズ、第2弾。まるで場末スナックの、ちょいと訳ありのママ(推定年齢四十九、さばよんで三十五だが無理あり)みたいな名前の、カイドのゆかり。
しかしカイドはスナックではなく、伊豆稲取駅前に唯一あるお土産屋兼スーパーである。店内の半分はどんつくキャンディーや温泉饅頭なんかが並べてある土産屋で(駅前で唯一なのにあまり客はおらず)、あと半分は大根や柿を選ぶ地元のおばちゃんたち(みな顔見知り風)でひしめくスーパーになっている。場末感はないが、庶民感はだしまくりのいい雰囲気の店なので、三日とあけず通ってしまった。
そのカイドさん特製のゆかり、赤紫蘇の塊が茎も葉もぎゅうぎゃうに詰まっていてかなり素朴、香りはぷあっと濃厚。去年買って家族で大好評だったので今年も二袋仕入れた。


蕪を葉っぱごとゆかりと揉み込んで、紫蘇漬けに。はからずもまだらになったピンクが可愛いゆかりは、アパートに帰ればヒモがいる…(妄想)。柚子の皮も刻みいれて。にしてもカイドってなにが語源なんだろうな、気になる。


いわし削りぶしも愛用中。柚子を絞って(つまりは柚子がたくさん余っておる)、EVオリーブオイルで。


まぐろ納豆は山葵きかせまっせ。


豆苗炒めに、子持ちししゃも。今年の帰国は秋刀魚より(NYでも探せば買えることを発見したので)、ししゃもが自分的にヒットじゃ。生ししゃもなんてあったら、毎日食べたいほどである。これは残念ながら塩した樺太ししゃもだが、十分旨し。父、月桂冠(どんな地酒よりこれがいいらしい)、私、黒龍ひやおろしで晩酌しつつ、ししゃもを頭からかりかりと。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(2) |


<<人生二度目のびっくりドンキー | TOP | 食べるいわし削りぶし>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/09 00:08 | [ 編集 ]


鍵コメさん★ 

安物のししゃものほうが美味しいだなんて、次男くん親孝行?(笑)
私もこっちで食べ比べてから言ってみたいが、安いのさえ見つからず(泣)。
うん、日本のレトルトソースの質の高さにはびっくり!
私はからすみパスタの素がけっこう気に入ってるよ。色々試してお薦めのがあったらおしえてけれー。

2013/12/10 04:13 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1526-a41fe0bc

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS