2013/11/08 (Fri) 納豆ダレでやみつききゅうり


日本に戻ってきても当然のごとく毎日食べておる納豆。納豆中毒ゆえ、両親にも無理やり勧めて多少うざがられておる毎日だ。そして使わないタレがあまってつい捨てられないので(貧乏性)、有機醤油ダレでやみつききゅうり風。NYの一風堂ではちなみに「やみつきごまきゅうり」$8。たかっ。
包丁の背か麺棒で胡瓜を叩いて割ったら、納豆ダレ、鶏がら顆粒、にんにく、生姜、ごま油、すりごま少々、砂糖ほんのちょっぴり、で和えるだけ。高座豚の直売所で買った綾瀬産のとれたて胡瓜がしゃきっと爽やか、ぽりぽり、とまらん坂。


母作、帆立と鶏肉と大根煮。薄味の大根があまいうまい、明日煮凝りできるかな。


そして帰国中にすでに第2弾を注文してしもうた甲羅組のぷりぷりなジャンボ牡蠣で、


いつもの牡蠣バターソテー。たまには鍋や牡蠣フライにしてみようかと思うものの、簡単で牡蠣の濃厚な味が楽しめて、ついワンパターンに…(何度似たような写真のせてんだか)。お隣からいただいた柚子もふんだんに絞って。
ご飯は、これもいただき物の山椒昆布を混ぜ込んでおにぎりに。ちなみに我が母は三角おにぎりが握れんという珍しい人種である。だから昔つくってもらったお弁当は平べったい丸型だった。おにぎりというとそんなもんかと思っていたのだが、いま考えるとあの形も妙に可愛かったな。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<柚子の香り凝縮ジャム | TOP | 清水さんちの高座豚>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1532-4b57add6

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS