2013/11/17 (Sun) 戻った晩も懲りずに居酒屋


ニューーヨークに戻ってきたら、まず何が食べたいかなあ、晩ご飯作りたくないしなあ、といって遠出も面倒だしなあ…、疲れた頭とすいたおなかをひねりつつ、家からの距離と好みを考え合わせたら、結局クリントン通りをてこてこ北上して、いつものここへ。
美味しいバッファローウィングス屋があればそっちに行くんだが、そんなパンチの効いたウィングス屋はこの界隈にゃない。ここはDodompaにて、和製ウィングスじゃ。


あ、今までなかった獺祭が入っておる、と機内で飲んだのに、またもや喜々として。ああ、でもやっぱりアメリカに帰ってきた~としみじみ。だって酒を注ぎこぼしてくれんどころか、こんなにぽっちり…。酒で世を知る、つれなさを知る。


いつもの大根サラダ、豚バラ、椎茸、おにぎり…でもなんだか味や盛り付けが微妙に違う。なにより店の雰囲気が違っておるのだ。従業員も日本人から韓国人にかわっておるし、カウンターにたむろしていた日本人客の姿も見えない。うーん、経営が変わったんだろうか。


いつもの名古屋手羽揚げの味だけは変わっておらず、ひとまずほっとする。でもキッチンに、このレシピをつくったもと手羽屋のお兄さんがまだいるのか気になるところ、いてほしい。徒歩圏で手羽揚げが食べられなくなったら、この先なにを楽しみに生きていけばよいのか。うーん、様子を見るために頻繁にまた来ねば(これ以上くるのか)。


表に出たら、なにやら不穏に路上が赤っぽい。火事騒ぎらしいけれど、大事ではないらしくよかった。
さて気持ちを切り替えて、日本帰国騒動で一回すっ飛ばしてしまった連載にまた本腰いれねば。それに日本から新しいものがたりも持ち帰ってきたことだし、そっちの方も煮詰めたい。ぐつぐつ。冬だし。

DoDomPa
71 Clinton St. New York, NY 10002 
◆前回の豊富な居酒屋メニューに浮き足だっておる記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<BYOB女子会、トルコ料理編 | TOP | 機上にて、獺祭>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1546-1d836ce2

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS