2013/11/20 (Wed) BYOB女子会、トルコ料理編


うう、日本帰国で一ヶ月以上も机から離れておったので書き物がまるで軌道にのらず、苦吟の日々である。そんな中、すでに年末進行は遥か昔、出版社の人々は「ゴールデンウィーク進行」を既に口にし始めるというこの世の非情さよ。
さ、そんな時はさっさと机を離れ、BYOBレストランをこよなく愛するいつものメンバーで女子会へと出かけることに(切り替え=逃避と同義語、はやっ)。お酒持込みOK太っ腹のBYOBというと、ついインド、パキスタン系になってしまうことが多いのだが、珍しくトルコ料理の店を見つけ、我々は期待に胸高鳴らせ集合したのであった。
ラベルだけで美味しい赤ワインを探し当ててしまう天才Mキー、トレジョーまでいつもお得な白ワインを買いに走ってくれるNシー、いつもありがとん。
まずはスモークしたエッグプラントのサラダをかりっと焼けたパンにつけて食べれば、皆の持ち込んだワインは軽やかに空いていく。


イカのグリルはレモン、オリーブオイル、パセリのソースで。うーん、これはあまり特徴がなく。酒持ち込み料なしのありがたい店なのに、手厳しいのである、我らBYOB隊は…。


定番のラムのシシカバブははずせない。おお、ラム肉がやわらかく、マリネも焼き具合もいい雰囲だ。もう一種の串はAdanaケバブ、鶏ミンチにスパイスが効いてなかなか。マッシュルーム・キャセロールは茸と赤ピーマン、玉ねぎを自家製トマトソースで煮込んだもの。うえにとろけたトルコのカシャルチーズがあとを引く糸も引く。トルコ料理はグリル野菜がたくさんサイドについてくるのも嬉しいのう。
とりたててこれは!と唸らせられる味ではなかったけれど、どれも食べやすくて優しい味の、定番トルコ定食といった店。さてさて新年のBYOBはどこに狙いを定めようかと、またも皆して相談中。いやー、持ち込みだといつも以上に空いちゃうのう、ワイン。

Limon
238 E 24th St, New York, NY 10010

阿、中東 | trackback(0) | comment(0) |


<<水耕タイバジルさん日誌@2013年 | TOP | 戻った晩も懲りずに居酒屋>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1560-95de6eef

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS