2013/12/18 (Wed) ロブスターと蟹の美しい融合


ひろこ師匠の料理教室、本日はじゃじゃーんと活きロブスター登場。そこにおるだけで、なんだか心がさわさわどきどきとしてくるロブちゃんを、


師匠が「余さず美味しく食べるから、堪忍ね」と呼びかけ(師匠は本当に毎回心でそう言っておるそうだ。私もそうするので、すごく解る…)、えいやと見事な包丁さばきで二つに割っていく。ほっやらされないでよかった…と、すでにのっけからヘッピリ腰な丁稚である。かわりに野菜を刻んだりスタッフィングの準備をあれこれと。


ロブスターに、贅沢にも蟹のスタッフィングをたっぷりつめてオーブンへ。頃合に取り出せば、赤々と焼けたロブスターからは、なんともいえない潮騒のメロディが奏でられ…。あ、いかん、世間様より遅れに遅れて今ごろ「あまちゃん」を見てるもんで、つい。
いままで活きロブスターは、まるごと蒸すかゆでるかという調理方法しかしたことがなかったので(ひとえにさばくのが怖いから)、スタッフィングの味付けやオーブンでの焼き加減などを教われて嬉しいのう。ぜったい復習するぞ。とは、どの口が言ったん…。


以前習ったピサラディエ、前回はピザ生地だったけれど、今回はパフペストリーを使って。食感はもちもちから、さくさくへ、であるな。しかも市販の生地でokだというところが、すでに手抜き体制な丁稚にぴったりじゃ。ドライチェリーがアクセントになったベイビーリーフのサラダもたっぷりと用意し、


待望の試食ターイム。


ロブスターと蟹が真っ赤な殻にまもられて、美しき融合を果たした。師匠、わ、ワインは…日本酒でもあいますよね(軽くスルーされる)。
それよりロブスターの爪が立派すぎて固く、さっきから格闘しておるのにちっとも割れない。見かねて、まちこ師匠の教室でも一緒だったYのちゃんが「やってあげようか」と手伝ってくれた。どこまでへたれなんだ、とうなだれる。


たっぷりと炒めた玉ねぎの甘みにハーブのほのかな香りを移らせたピサラディエ。オイリーなチーズはなしでパルメザンだけだから、さっくさくと軽くいくつでも食べられる。
お次はデザート編のフルーツケーキいってみます。

習いごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<自信ありのフルーツケーキ | TOP | 焦がしコーンと、ブラックビーンのサルサ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1572-2fd3076d

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS