2013/12/16 (Mon) 赤ワインソース煮こごり


少しまえに作ったポーク・ショルダーの赤ワイン蒸し焼き。なにしろ巨大な塊肉でつくったもので、冷凍して手抜きご飯の日にこの通り、活躍してくれておる。その産物として出来た野菜のワインソース小分けも、しっかり冷凍しておいたのである。これがまた、重宝しておる。しかも嬉しいことにこのソース、豚のゼラチン質がたっぷり溶け出しているから、解凍しても愛する煮こごり状態に。思わずスプーンですくってつまみながら、この日は火を入れて豚さんの上に。


牛肉の上にもいってみよ。冷蔵庫deエイジング2日のサーロインステーキを鉄のスキレットでじゅーと焼いたあとに、ぽとり。熱々の肉の上で真紅の煮こごりがよよととろけていく様の、官能的なことといったら(名づけて煮こごり変態)。


肉を焼いたあとの鉄のスキレットでは、よく自家製フラットブレッドを焼くけれど、この熱々のナンもちぎってお皿のソースを丁寧にぬぐう。


せっかくの煮こごり、溶かさずそのまま味わいもしたいと、豚肉にぽとり。これはいい肴になってくれる。


ええい、チポーレオニオンのスープ蒸しにも強引にぽとん、と。玉ねぎの丸に角ばった煮こごり、アンバランスの妙。お隣はバラムンディの塩麹ブラッケンド焼き。それにしても煮こごりに最近、のめりこみすぎでは…。

◆大量につくってしっかり豚皮からソースまで使いまわしておるポーク・ショルダーの赤ワイン蒸し焼きの記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<焦がしコーンと、ブラックビーンのサルサ | TOP | NY地下鉄にて、にわか鉄子>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1599-3ad57eaf

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS