2014/01/24 (Fri) お別れ会@つくし


お茶の稽古仲間が集まって、尊敬するS先生の歓送会@つくし。「最初はどうなることかと思った…(いまもだけど→たぶんこれは心の声)」と各先生からおののかれ呆れられておる私のだめだめなお点前ぶりを、忍耐づよくやさしく的確に指導してくださったS先生。なんとNYを離れてしまうという。さみしいよう、心細いよう、と皆で嘆きあいつつ、ここはぐっと笑顔で先生の新しい門出を祝うご飯会なのであった。
ちなみに今日は残念ながら来られなかったけれど、このつくしはやはりお稽古に通われておるY子さんのご主人がやっているお店。隠れ家みたいな、知る人ぞ知るミッドタウンの和食屋さんである。メニューはお任せなので、あれこれ選ばなくとも、ヒコさんの美味しくてほっとする和食が次々出てくるのが嬉しい。まずは大好きな芽キャベツのソテーから。いつも自分で作るときはオリーブオイルににんにく風味だが、お醤油ベースのこんな和風な味付けも旨いなあ。


出汁のしみたふんわり炒り豆腐に、


新鮮なお造りは三種。箸を動かしながらも、先生の今後の展望などに耳を興味深く傾ける。なんと今後は日本ではなく東南アジアに住まわれ、旅行三昧でご主人と優雅に暮らすつもりなのだとか。大胆な決断、さすが我らが師匠。新天地でもぜひ茶の湯を伝えてほしいなあ。


この蓮根団子の揚げ出し、めちゃ旨し。コリアンのAちゃんも後でしみじみ「あれが一番美味しかった…」とまじめな顔でつぶやいておったほど。


焼き物はふっくらと焼かれた秋刀魚の開きに、


なんと本日の肉料理は意表をつかれた、ハンバーグ! これが日本の美味しいハンバーグ、という感じで絶妙なのだった。この時点で締めのご飯ものか麺も好みで頼めるのだけれど、すでにおなかが一杯で全員ギブアップ。


別腹デザートは、ほうじ茶の香りたつムース。全員ぶんをサービスしてくださった。ご馳走様。そしてS先生お元気で。いつかまた、ぜひぜひお茶会で巡りあえますように。そのころまでには精進してせめて長く正座できるよう頑張りますので(まだそのレベルか…)。

Tsukushi
300 E 41st St, New York, NY 10016 

| trackback(0) | comment(0) |


<<暖房とリキッドスモークと | TOP | ジョセフィーヌ風想像ドレッシング>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1633-aab6ae30

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS