2014/01/26 (Sun) 圧力鍋でシュレデッド・ポーク・タコス


あのATKのさあ…、と隊長が言うので、なに? まさか隊長、AKBに興味を持ったとか?(おたくの隊長はアキハバラは大好き)と訊き直すと、アメリカン・テスト・キッチンの略らしい。いきなり訳すな。というほど、ATKレシピにお世話になっておる今日この頃。本日もおなじみの圧力鍋の本から、ポーク・タコスに(隊長が)挑戦じゃ。


圧力鍋に豚肩肉、水、たまねぎ、クミン、月桂樹、オレンジの絞り汁(と種をとったその皮)、そしてこれが要のチポトレなんかを放り込んだら、圧をかけて25分。もちろん隊員は怖いのでこのあいだは逃避じゃ。火をとめて15分まってフタを開ければ、おお、柔らかく煮えておる。これをさらに煮詰めたら、ポークを裂いていく。簡単にほろほろとほぐれるところが嬉しいのう。


ちなみに、うちはチポトレといったらこの流し目モレナ姐さんのアドボソース缶を愛用。鼻っ柱、強そうな姐さんが好きすぎて、ほかのブランドにいけない…。これをブレンダーでペースト状にして冷蔵庫に常備、メキシカン風ご飯に何かと使っておるのだ。


紫キャベツのコールスローにワカモーレも準備、そしてトルティーヤでもいいけど、葉っぱも一応用意して、と(カロリー対策)。この葉っぱ、日本のサラダ菜に似ておるが、こっちじゃなんて呼ぶんだっけ。


柔らかくてスパイシ~~~なポークをくるくると巻いては食べ、ワカモーレものせてまた巻いては食べ。ひりっと辛くてスモーキーなチポトレにオレンジの爽やかな甘みがかすかに加わって、これは旨し。お皿には飾りのコーントルティーヤが一枚しかのっておらんが、この何倍もの量があっという間に減っていくのだった。グラシャス、ATK。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<つまのつもり~WEB連載始まりました | TOP | 暖房とリキッドスモークと>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1653-25d11320

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS