2014/02/14 (Fri) バレンタインによっぱらい


…我が人生を象徴するよなタイトルになってしもうた。しかしただの酔っ払いだったわけじゃなく、その名も夜波来、ロウワーイーストサイドのおされな和食屋さんである(名前はお洒落じゃないけど→しつこいこだわりどころ)。お酒は出羽桜の泉十段。家で毎日飲んでおる酒なのに、安全牌に走ってしまった。酒に関しちゃ失敗したくない臆病者だ。
お箸には寿…バレンタインはめでたいのか。ふぅんそうなのか…。


自分で食べたいものだけ選びたいわがままもんなので、頼んだのは、バレンタインのコースメニューひとつとアラカルトを。しかしアラカルトのチョイスは本日少なすぎ…。まわりのカップルは皆お揃いでおなじものを食べておる。やや不思議…。
コースの前菜から、トマトサラダ(ちゃんとプチトマトが湯むきしてあってスモーキーな出し醤油で)、おつくりはかんぱちにまぐろにぼたん海老、そして贅沢なロブスターの茶碗蒸し。


オイスターカクテルはパシフィックオイスターが岩牡蠣みたいで旨い、あまい。


海老の殻は、お願いしたらからりと揚げてくれた。忙しい日でもこういった気配りがうれしいのう。


アラカルトで、自家製豆腐につくねに野菜焼き。ぷんと大豆が香りたつお豆腐を期待したのだが、あれ、わりと普通? 大豆の香りはいずこ。


なんだかんだ言いつつ、私はこれを食べにきたようなものだ。雲丹ととろたくを、海苔で巻いてしゃくしゃくと。この海苔がいつまでもぱりっとしてほんのりあったかいのが嬉しい。なぜかというと、


木箱の下側をちらりん。ここに炭が隠されておるのである。


コースのメニューは柔らかな和牛ステーキ(銀鱈西京味噌と選べる)に、


蛤潮汁と、


お食事は、鰻ちらし。雲丹もらいっと箸伸ばす手が我ながら早い。


デザートは、エンジェルケーキにホワイトチョコレートのまっ茶プリン。どちらかを選ぶのかなと思ったら、両方出てきた。さすがのバレンタイン・サービス。このコースで$85は悪くないかな、とも思うけれど、名物の朴葉焼きも柳川もなかったし、やっぱりよっぱらいさんはちびちびと気分で好きな肴を選びたいのじゃった。今度は普通の日にまたこようか。

Yopparai
151 Rivington St, New York, NY 10002 
◆前回の、夜波来にてよっぱらい新年会をしておる記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<初クロックス | TOP | ハッピー・バレンタイン>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1667-3a90941d

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS