2014/03/09 (Sun) バナナ鳥さん


いつもバルコニーで朝ごはんを食べていると、「なんかある?」という感じでちょんちょんと遊びに来てくれる黄色い小鳥がいる。そこで手すりにクラッカーのかけらを置いておいたら、ますます顔を出してくれるようになった。よしよし。
これまでずっと長いことイエローフィンチさんと呼んでおったのだが、隊長がダウンロードしたばかりのセント・マーティンのワイルドライフ・ガイドを眺めながら、「あっ、この鳥だ」と言い出した。
名前はBananaquit。確かにフィンチだと体全体が黄色だけど、いつも見かけるこの鳥はおなかだけが黄色。バナナなんて可愛い名がついておるおかげでやっと覚えた(和名はマミジロミツドリ)。そして、なんと本日は散歩途中に巣を発見。


最初に「おや、枝の上に巣がある」と見上げていたら、バナナ鳥さんがやってきてせっせと巣作りの続きを始めたのだった。巣をつくった木には体の色にマッチするかのような小さな黄色の実がたくさんなっているから、それを目印に。それからは毎朝この巣のしたで立ち止まっては、巣作りに励む鳥を眺めた。羽、小枝、なんでも運んでくる。


せっかく巣作り材料くわえてるんだけどなあ、ブログに載せるほどでもない、なんのこっちゃという写真に…(でものせる)。こんな時は一眼レフカメラがほしい。双眼鏡もほしい。と思うも、貧弱者の私には持ち歩く気力がないから、無理なのであった。えせバードウォッチャー。

The Incomplete Guide to the Wildlife of Saint Martin
現在アマゾンでは品切れ中だけど、こちらのサイトからダウンロード可能。著者はマーク・ヨコヤマさんという方だ。日本人に縁にある方なんだろうか。

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<島でお初のイタリアン | TOP | レガッタ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1722-bee4cd01

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS