2014/04/21 (Mon) 使える筍缶


ええ、ええ、どうせ掘りたての筍はそう簡単にここらじゃ食べられませんよ、とすねたくもなる春の宵。かわり…にはまるでならないけれど、台湾産の筍辣油漬けの缶詰、保存料も着色料も使っていないとのことで試しに買ってみたら。お、これがなかなかイケるのじゃった。柔らかな穂先部分だけをピリ辛オイルに漬けてあるのだ。つまりはめんま辣油漬け、そのまま食べてもいいが、


長ひじきを煮たものと和えて軽く火を通し、さまして味をしみ込ませたら、また旨し。長ひじきはこちらでは貴重品なので、増量作戦、なのである。黒七味をぱらぱらっと。


平茸と紫玉ねぎのマリネに、


アリコベールと、辛味噌でじわじわ焼いた豚脂。晩ごはんというより、かぎりなく酒のあて。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<断水予告とタパスバー | TOP | 感謝祭のローストラム >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1763-f5b38f3b

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS