2014/04/26 (Sat) シーフードとオクラのガンボ


このニューオリンズの激旨ガンボの店のレシピ本が本棚から引っ張り出されましたら~、本日は嬉し美味しいガンボづくりの日(親方が)。


今日のガンボは特別に旨いかもしれない、という期待を抱きながら、丁稚は待つ。いつもの海老だけでなく、フェアウェイでスペイン産のザリガニの身を見つけたのだ。アンドゥイユは見つからなかったので、チョリソで。


先日食べたロブスターの殻を冷凍しておいたものと、1ポンドもの海老の殻でぐつぐつと出汁をとる。冷凍の海老の殻、ぎっしりつまった1ポンドの袋をなんと$1で売られておるのを、エセックス市場の魚屋で発見したのだった。いつも買っておる店なのに、小さく貼り紙されているのをいままで気づかなかったのは灯台下暗し。これはこれからも愛用させてもらおう。


ガンボを煮込んでおる合間に、平茸は塩麹でマリネしてからグリル。トリュフオイルをしゅっ。


ベイビースピナッチのサラダは胡瓜とヨーグルトのドレッシングに、セント・マーティン土産のマドラスミックスをトッピングして。


ホッピンジョンの上に、たっぷりのガンボ。ロブスターの風味たっぷりに、ザリガニと海老のぷりぷり感、いやー旨くないわけがない。でももうちょっとオクラが入っててもいいかな、とちらっと言ったら(オクラ好きなもんで)、親方いわく「いやっ、比率が大事なんじゃ」。ははぁおっしゃる通りで…。

Gumbo Shop / Seafood Okra Gumbo
レシピは、こちら。本家では、海老の殻でブロスをとってます。

◆ワイルドライスとも相性のよろしいことを発見した記事は、こちら

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<バーバラ・キャロルとトニー・ベネット | TOP | 今年も無事ヘスター・ストリートの市びらき >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1764-e71447cc

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS