2014/05/15 (Thu) つまのつもり


新刊『つまのつもり』が、発売になりました! 双葉社の文芸WEBマガジン「カラフル」に連載していた小説を加筆訂正したものです。今回、単行本ではなく、オリジナル文庫という体裁なので、お手にとっていただきやすいのではないかと…。
久々の男と女もの、しかも初めての夫婦ものです。長編小説というよりは、暴走し、とまどい、ひっくり返る「つま」の思索のかけらを綴ったエッセイタッチの連作集、といったほうがいいかもしれません(どんなつま、なんだか)。
帯にある、

【女だったころは勇敢だったのに、
妻になったらへたれになった】

は、本文からの一節ですが(ま、私はいつだってへたれですがのう)、その下にあるキャッチは編集さん作です。曰く、
「とくに夫婦歴8年以上の<妻>に読んでほしい一冊!」。
さすが頼もしきわが編集者Sさん、微妙なピンポイント誘導作戦…。

まあ、この作品の主人公は結婚8年目なのですが、結婚歴関係なく、「妻」のつもりなんだけれどやや不安な方、「正真正銘のツマですが、なにか?」という方、妻でない方、いや実は夫なんだがね、という方、つまりはどなたでも、お気軽に読んでいただけたましたら、嬉しいです。
カバーのイラストは、繊細かつユーモアある画風が素敵な朝倉めぐみさん。私のリクエストで裸エプロンにしていただきましたが(→連載中からしつこくこだわった)、いちおう官能小説じゃあ、ありまへん。満員電車のなかでも、安心して読んでいただけるかと思います(たぶん)。
お手にとっていただければ、とっても幸せです。

さらによろしければ、ツイッター(私はやってないのですが。汗)、Facebookなどやっていらっしゃる方、シェアなどいただけたら、とっても嬉しいです。よろしくお願いいたします。



つまのつもり
野中ともそ
双葉社
2014. 5発売
 

書(描)きもの | trackback(0) | comment(2) |


<<今宵のこごみと、行者にんにく | TOP | ハロウミチーズと帆立ソテー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/18 01:45 | [ 編集 ]


鍵コメさん★ 

妻より、寮母! たくましいっ(笑)。そして、相模原からの応援、とっても嬉しいよーー、本当にありがとう(涙)。
写真見たよー、美しいねえ、それぞれの色がとっても綺麗で惚れ惚れ…。庭仕事が楽しい季節だよね♪

2014/05/18 21:44 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1772-968d9b5c

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS