2014/04/07 (Mon) やみつきカリフラワーとグリル茄子


母から「工事終わったよ。色々ありがとね」とメール。工事とは?何もきいてないし?と焦って返信しようとしたところで、メールのヘッダーをよくよく見たら、3年前の日付だと判明。また母が何か妙なことをやらかして送信してしまったらしい。そうそう、あの時は遠隔操作で実家に地デジ対策の光回線導入、大変だったなあ、なんて感慨に浸る間もなく…。その直後に「ネットの画面がおかしくなっちゃったー」ということで、電話でIE画面操作の指示。それでも、70を過ぎてメールもネットもちゃんとこなしているのだから、偉いのである。
そんな日の晩ごはんは(唐突な切り替え)、毎年優雅にNYに何週間も滞在する友人と、ノリータの中近東料理バラブースタへ。


サービスで出てくる揚げ煎をぽりぽり齧りつつ、ワインで再会の乾杯じゃ。今年も無事会えたのう。


まずは絶対食べてもらいたい2品を迷うことなく注文。たっぷりのグリルされた茄子のペーストがのったブルスケッタ。デーツのの甘みと胡麻ペーストで味付けされた茄子はとろんとろん。Iちゃん、感動。


そしてやみつきになっておるのが、このクリスピー・カリフラワー。レモンとカラント、松の実にスパイス。またまた唸りまくるIちゃん。ね、ね、うまいじゃろう、と自分で作ったわけでもないのに得意がるわし。


上ふたつがけっこうボリュームがあるので、いつもメインには辿り着かないのだった。で、前菜メニューから各自いつもの海老さんを。中東のお菓子によく使われる細い小麦の麺状のカタイフを海老に巻きつけて揚げたもの。さくさくの衣に、ぷりっとした海老、とびこ入りのタルタルのぷちぷち感。食感の魔術だのう。
帰りはどしゃ降り、その中で歓声あげて懸命にサッカーをやってた人たちがかっこよく、何人かが写真を撮っていた。

Balaboosta
214 Mulberry St. New York, NY 10012

| trackback(0) | comment(0) |


<<ミャンマーのお茶の葉サラダ | TOP | 燻しバッファロー・ウィングス>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1777-149e862e

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS