2014/05/17 (Sat) 燻し鴨と焼きウイキョウ


本日の晩ごはんは、このヒッコリーチップスで4時間ほど燻した自家製スモークダックをローストに。


なかは薔薇色、しっかり燻製風味のついたダルタニャンさんの鴨、旨し。近くでなかなかこのマグレットの鴨が売っていないのでロングアイランド・ダックでやったことがあったけれど、やっぱり滋味にあふれた弾力ある肉は断然マグレットだなあ。
鉄スキレットの熱と鴨の脂を無駄にするなの家訓で行者にんにくの鴨脂ソテー。さらにはオーブンの火を無駄にするなの家訓で焼きフェンネル(ウイキョウ)とバスクペア。下に敷いたのはスープで炊いたワイルドライスとフレンチレンティル。


鴨にはあまい果実のソースをあわせることが多いけれど、甘すぎるソースは苦手なんでかわりにバスクペアを一緒に食べるとこれがなかなかいける。オリーブオイルをかけて焼いたフェンネル(ウイキョウ)もいい香り。
しかし、燻すの数時間、食べるのあっという間じゃよな…燻製隊は忍耐の隊、ともいう…。


お気に入りのポーランドのつぶつぶマスタード。そろそろなくなりそうだなあ、またブライトンビーチに仕入れにいかんと。

ベランダ燻製隊 | trackback(0) | comment(0) |


<<使えん電話と、おろしたてホースラディッシュ | TOP | 今宵のこごみと、行者にんにく >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1806-8da452e3

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS