2014/07/01 (Tue) ハサミ父さん 


晩ごはんは、少し前にオーチャード通りをぶらぶら歩いている時に見つけて、絶対来ようと決めていたClaw Daddy'sへ。気になる店は必ず表に出ているメニューをじじーっと眺めるのが常だが、なんと珍しい「ザリガニ」があったのだ。ガンボもあるし、ここはLESのニューオリンズですかって店を発見できて、嬉しい。
テーブルに敷かれた蟹マークのブラウンペーパー、ペータータオルも丸ごとどかん、ルイジアナのホットソースときたら、おのずとテンションあがる。
ちなみにClawはエビやカニのハサミだけど、Rに変えてCrawdadだとザリガニになる。店名に両方をかけておるのがニクいっ。


月曜から木曜にやっている$1オイスター。うん$1だとこんなもんじゃよね、のちっこさだが、味は旨し。ぺろっと一瞬で終了。


マンハッタンでは、グレートジョーンズ・カフェぐらいしか美味しいガンボにめぐりあったことがなかったのだが、お、これはいける。程よい濃厚さにチョリソたっぷり。シーフードガンボも作ってほしいのう。


サイドの芽キャベツも頼んだら、


いよいよ登場。いろんなものが仰々しく運ばれてくる。手袋、エプロン、殻入れのバケツとともに、ビニールに入ったたっぷりの真っ赤な甲殻類が。これ、ビニールに手を突っ込んで食べるんだろうか?出すの?と聞いたら、どちらでも、ということで、私は食べやすくお皿にざざーとてんこ盛りに。しかしすごい量。


隊長は、ロブスター&ザリガニコンボ。ロブスター一匹と1/2ポンドのザリガニ。親玉ロブスターとその赤ちゃん、という見かけである。


私はスノークラブ&ザリガニ、これはコンボがなかったのだが、聞いてみたらコンボにしてくれた(コンボだと、コーンとポテトがつく)。
ソースは種類と辛さを選べるようになっておる。共に店員さん一押しの「Claw Daddy Special」にしたのだが、これがバターとケイジャンスパイス、ガーリックが効いておってめちゃ好きな味。この時点でソースの残りは持ち帰ることが決定。そしてスパイスのレベルは、「ミディアムでも十分スパイシーですよ」と言われたのにも関わらず、私は果敢にも「スパイシー」に。うっ、辛い。しかし、う、旨し。



ニューオリンズで食べたのよりももっと大きなザリガニさん。しかし、食べ進むうちに事件が…。まわりのお客は皆、出されたビニール手袋をつけて食べていたのだが、私は「ふっ、そんなものをつけてはニューオリンズ住民に笑われるぜ」と素手で食べておったのだ。
しかし後半になって、ゆ、指先が痛いーー、焼けるー。隊長も素手だが、鋼鉄の皮膚の上、ミディアムなので何も感じておらぬ様子。根性で食べ続けた後(食い意地)、何度も手を洗いにいったけどひりひり感が半端じゃなかった。次からは見栄をはらず(て、誰にだ)手袋をしようと反省。


そして、このサイドディッシュのガーリックヌードルに恋に落ちた。
噂によると、サンフランシスコに美味しい蟹の店があり、そこのガーリックヌードルがすごく美味ときいたのだが、これもそんな感じなのかな。ああ、この麺と甲殻類食べにまたオーチャード通りに走りたい。次は手袋必須で。

Claw Daddy's
185 Orchard Street, New York, NY 10002 

| trackback(0) | comment(4) |


<<今宵もザリガニ | TOP | ヨーグルト仕切り直し>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/23 13:55 | [ 編集 ]


 

あの…これは、過去のdinnerで未postのをupしたのよね!?
このスパイシーてんこ盛りは昨晩のDinnerじゃないよね!?

と一抹の不安…

昨晩だとしても、ま、私も退院当夜から、ゆずコショウたっぷり効かせた刺身のりゅうきゅうをどんぶり鉢サイズで食べたけど(笑)

いずれにせよ、うまそう…今目の前にあったらなぁ。
お供はこういう場合何があうのだろう? やはりビールか…
テキーラのショットとかなのかしらん。
さすがにiced teaやレモネードは悲しいなぁ…

日本は今猛暑でござんす。↑みたいなfoodを切に体が渇望しております…でもザリガニもロブスターも高くて買えぬから、庭のコリアンダーでタイやベトナム風何チャラをつくって、しのいでおります♬

2014/07/23 16:15 | 小熊英里花 [ 編集 ]


鍵コメMさん★ 

ありがとう~、ゆっくりですが少しずつ回復している毎日です。
で!SFのお店に行かれたことがあるなんて羨ましい~。カニのうまみたっぷりのガーリックソースにヌードルを絡めて食べる…??ううっ、もうこの表現を見ただけでヨダレが…。SF行ったことないんだけど、この蟹と麺だけで行きたい気持ち満々…。
Bohemianいったのですねー。私もここのとこご無沙汰だけど何度かいきましたん。お隣の肉屋さんの質も最高だし、いくら丼も美味しかったなー。Mさんは何食べたのかな?

2014/07/23 21:08 | ともそん [ 編集 ]


小熊さん★ 

うん、これは発症2日前の食事よん。この、手が痛くなるほどのスパイスは半端なかった!
でも小熊さんも退院当日にゆずコショウたっぷりて!さすがの辛いもん大好きな私も、鼻チューブで喉がやられてしまったので(いまだに咳が…)、ちょい自粛気味です。治ったらこのザリガニまた絶対たべにいく!

ところでりゅうきゅうって何だろう、とググッたら大分の郷土料理なのね。いわゆるヅケ?そそられます。小熊さんの美味しそうなタレ配合教えて~♪

2014/07/23 21:15 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1842-127f86be

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS