2014/05/20 (Tue) 脱皮蟹と春野菜まつりなパスタ


忘れたころにアップする~、習いごはんものコーナーじゃよ~(お馴染み更新気まぐれすぎるよ音頭)。
今回のひろこ師匠の教室は、大好物のソフトシェルクラブ! ブルークラブの脱皮直後の殻がまだ柔らかいもので、なんともいえない食感と風味。
しかし以前自分で生きたものを買って調理したところ、処理の際に動くのが不気味すぎて、思わず小説のネタにしてしまったほどである(「銀河を、木の葉のボートで」を読んでいただいた方は、どの短編かお解りかと…)。
でもこの美味しさを味わったら、自分で下処理しようと思う。うにっ。ぞわっ。でもこの蟹はすでに息絶えていたようで、ほっ…。


バターミルクを使ったマリネ液にしばらくつけたら、粉をつけて、じゅじゅー。ああ、いい匂い。しかし油がはねるのでご用心じゃ。


アザミ種の花のツボミ、アーティチョークは美味しい前菜に。アクが強いし、ガクが固いので下処理に手間がかかるけれど、美味しいもののためには黙々と手を動かす丁稚たち。「ノナカさんの好きなレイヤー野菜よー」って、師匠、付き合いも長くなったゆえよくご存知で。


こちらは、春野菜とイタリアンソーセージのパスタを準備ちう。そらまめ、シュガースナップピー、こごみ(Fiddlehead ferns)、


そして愛する行者ニンニク様(Ramps)が入ったパスタ、なんて贅沢な。師匠も旬のみじかい新鮮な食材もとめて、マンハッタン中を奔走した模様、ありがたいことですっ。


かりりと香ばしく、なかはジューシーに焼きあがったソフトシェルクラブ。いつも「復習します、せねば、するつもり」と気合がフェイドアウトしていく我だが、これはつくるぞ、すぐにでもつくるぞ(いやしんぼに二言なし)。


アーティチョークの層をうっとりと夢見心地で一枚ずつはがしてはディップにつけていただく私を、みなさんが不気味な目で見ていなかったかちょっぴり気になるところではある。


贅沢な具がてんこもりになった、もちもちの生平打ちパスタ。野菜と、イタリアンソーセージの風味がいいアクセントになっているから、シンプルな味付けでも本当に旨し。舌に季節が踊る。ああ、こごみと行者にんにくが四季を通じて手に入る魔法の国に住みたい。というか、そんな庭を持ちたい(そんな庭ならたぶん妖精も飛んでおるに違いない)。
さて、お次はカクテル編いってみます。

習いごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<Murray's チーズ・バー | TOP | あざーす、とホッピーを>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1849-a8c94001

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS