2014/07/03 (Thu) スメルトで南蛮漬け


晩ご飯は、ブルックリンのパスマークにて、威張っておるが魚に詳しいおっちゃんから買ったスメルトを。綺麗に掃除してくれておるにゃ。


まずは揚げ焼きにして、わさび塩など振りかけて齧る。熱々はなんでもんまー。


たくさんあるから、当然、南蛮漬けにもしたくなるのが日本人ってものじゃ。白だし大2、酢大1、みりん少々、砂糖ちょびっと、赤唐辛子を沸かした漬け汁に、さらした玉ねぎと胡瓜のスライスとともに30分ほど漬けてみた。
ちなみにワカサギは英語ではSmelt。でもこのスメルト、日本のワカサギとはちと違うよな…。スメルトは、キュウリウオ科の稚魚全般を呼ぶらしいから、ワカサギ英訳はスメルトでも、スメルトはワカサギ、とは言い切れないわけじゃ。うーむ、ややこし。そもそもアメリカに日本のワカサギはいるんかの?


お酢ついでに、ローストチキンの皮で鶏皮と胡瓜の和え物もささっとな。こんなんでひとり晩酌していたのだった。この後にうんうん寝込み、二日後にはERに駆け込むことになるとも露知らず…。つまりはこれが入院前の最後のご飯(泣)。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(2) |


<<ぶじ退院。 | TOP | 勘違いBBQソース >>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おひさしゅう!! 
お盆進行とやらで締切すべて前倒しとなり四苦八苦しておりました…
良くなられたかなぁ…と、ふと時折考えながらも、net surfingはダメダメ!!と、がまんのいい子(笑)
ひさびさの訪問です!
今日のポストではないが、ボンベィサファイアも過去思い出だよね??…とすぐ確信させてくれないところが、ともそさんの、私の知る限りの日常行動パターンなのじゃ :)

スメルト、私もかつてさんざんググって、わかさぎやらきびなごとの違いを追求したもんだ。
ま、海が違えばそりゃあ、魚だって人種同様違うわなぁ。

このスメルト、どうせならお掃除する前に、市場揚がりたてを売ってくれるといいのにね?
そしたら、手開きOKだからセビッチェつくれる?

あるいは、そこまで新鮮でなくても、スメルトも丸のままあげてカリカリもよさげだけど、ともそさんどーなんでしょう?

手開き、これ、ともそさんの好きな鰊!!風のマリネもいけるんじゃないっしょうか~
(私毎年恒例、鰊祭りのポストも楽しみなのよ~♪)

じつは、今これを書きはじめてたら、外から「英里花さ~ん!」と声が聞こえてきました。
出たら…ミョウガに、スイカ大小3個、メロン、茄子、ニガウリ、トマト、ししとう…すべて無農薬山ほど届いてしまった…
あんたんとこの畑は草だらけでいい野菜とれん
とわかっていただけてる(笑)

田舎はいいです。
私のお返しはひたすら、自分は食べないのに作らないの大好きな甘い手作りお菓子なんだ。
田舎では「こんなハイカラなもんつくりきらん」と、まずくても(?)喜んでうけとってくれるから、ありがたいです。

ただし、やたら酒を使ってるので…子供が私の、とろとろbaked pudding(牛乳ではなく生クリームと半々でつくる)
を一度にキャセロールごと食べて酔っぱらった…という事件が起きております…(笑)

ともそさん早くスパイシーフード食べられますように祈ってるぞ~♪

2014/08/04 17:04 | 小熊英里花 [ 編集 ]


小熊さん★ 

そうそう、日本はお盆進行、年末進行があるから油断できんよね。頑張って乗り越えられたかな?
ボンベィサファイアは過去記事だけど…とっくに晩酌&普通食再開しておりますのん、おほほ(医者のお墨付きもらう既にその前から…汗)。スパイシーも多少ならokだけど、あの激からザリガニの店は戻りたくてもあと少しがまんかなー。
スメルト、本当に新鮮なあがりたてならそのままで全然okだよね。でもここらでは処理済が売ってるだけでもうありがたし。無農薬野菜&果物がとびこんできたー?うらやましすぎなその生活…!

2014/08/04 22:25 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1855-b3de3233

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS