2014/08/05 (Tue) 巷で噂のニベアちょい足しクリーム


そうだ、だいぶ前に作ってなかなか気にいっておる手作りクリームのことをupしてなかったのう。と、唐突に思い出した夏の昼下がり…(暇)。
巷で噂のアレ。ニベアにちょい足しで、お高いドゥ・ラ・メール風の高級クリームになってしまう、というありがたき美容レシピである。
まぁそもそもドゥ・ラ・メール自体、免税品店で見かけるたびに心惹かれつつ、その値段に怯んで使ったことないもので、どのくらい「ドゥ・ラ・メール風」なんだか解らないのではあるが。
とりあえず、材料はこんな感じ。一回作るのに必要な分だけをちっこいサイズで一括で買えるのが便利。ニベアの青缶は日本帰国時に買ったもので、クリスマス仕様なのは見逃してほしい…。


除菌アルコールで消毒したボウルに材料を入れて、泡だて器でしゃかしゃかしゃかと。


ほほぅ、そのまま塗るにはやや固めのテクスチャーのニベアが、ふわっふわになっていく。このままぺろっと食べたくなる。が、理性がやめろと押しとめる。
検索すればたくさん出てくると思うけど、一応材料を書いておくね。私が作ったのは、165gのニベア青缶の3/1を使って(すでにこのへん目分量)、55gの配合で。それでもけっこう出来たので、残った材料とともに小分けして冷凍庫へ。なにより肌に悪いのは酸化物質じゃからのう。

●ニベア 55g(ソフトのものでなく、あくまでオリジナルの青缶か青チューブがいいらしい)。
●プルーンオイル 1.25ml 
●パンテノール 0.25g 
●ヒバマタエキス 5ml 
●ブルーグリーンアルジーエキス 2.5ml 
●液状インスタント乳化ワックス 0.5g 
●除菌アルコール

たぶん、最近注目されている海藻や藻のアンチエイジング効果を狙ったブルーグリーンアルジーエキスとヒバマタエキスが要ではないかと。
ちなみに入院中、隊長に「冷蔵庫にあるニベアちょい足しクリームを持って来てくれたまえ」といっても、絶対クリームチーズかなんかを持ってきそうなので、普通のニベア(手足などに使っており)を洗面所から持って来てもらった。入院中の1週間、これだけを使っていたのだが、ちょい足し高級もどきクリームとあまり変わりなかったような。いやいや、奥さんそれを言っちゃあ…。
気はココロ、美容もこころ。とりあえず、ニベア様は偉いということで。

マンデイムーン
材料が一括で買えるショップ。作り方ものっておるよん。
マンデイムーン 楽天ショップ
作り方はこちらに↑。
「ニベア」を超高級クリーム「ドゥ・ラ・メール」に変えるテクニックまとめ

健康&美容もの | trackback(0) | comment(0) |


<<この夏お初のスベリヒユ | TOP | えごまさん日誌@2014年>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1856-25e340b0

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS