2014/08/10 (Sun) スベリヒユのサラダとメキシコの焼きチーズ


散歩中、ご近所のアトーニー通りがたった1ブロックしかないことに、今さらながら気づいた。こういう発見はほほぅと嬉しくなるものだが、にしても弁護士通りという名のわりに、こじんまりである。オフィスのサイズは控えめだが、料金だけはがっつりとる弁護士といった趣…。
そんな日の晩ごはんは、スベリヒユを豆腐とラディッキョ、ベイビースピナッチとサラダに。胡麻柚子ドレッシング(炒りごま、胡麻油、ゆず果汁、塩胡椒、白だし)をかけたのにもかかわらず、つい在米日本人にとっては高級調味料、食べるラー油をそっとのせてしまう…。しかもケチって。


Lラちゃん母特製の絶品ラディッシュのキムチに、


本日のベイビーQちゃんの目玉商品は奥さんこちら。お気に入りのキプロス島のグリル向きチーズ、ハロウミが最近トレジョで見つからないのでがっかりしていたところ、エセックス市場でこんなもん発見。メキシコ版のグリル用チーズらしい(といってもアメリカ製)。$3.99!といかにも自慢げに貼られたステッカーが目立ちすぎ。でも確かに、お安くて嬉しい。


焼いてみたら食感は少し柔らかいが、まさにハロウミとそっくり、チーズの旨みが凝縮されていて旨いっ。これなら気軽にご近所で手に入るし、いいものみっけたなあ、と一人にまにま。帆立に自家製バジルペースト、イエロースクワッシュ、ラディッキョ、とうもろこしなどと。小さなイカも一緒にじゅーしたらさらに縮んで、皿のうえのどこにあるのかも解らなくなった。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<野菜の扱い上手なレストラン発見 | TOP | この夏お初のスベリヒユ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1881-e44a2edc

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS