2014/08/28 (Thu) 洞窟男のチーズ


師匠とちょいと一杯シリーズでお馴染みのマレーズ・チーズ・バー(そんなことでお馴染みにされても)。昼から開いておるし、チーズをつまみに軽く一杯やるのにちょうどいい店なのである。しかも酔っ払って夕飯をつくるのが面倒になっちゃった際は、お隣のチーズショップでパスタや惣菜、その場で作ってくれるサンドイッチやを買えるのもまた便利じゃ(二人とも経験あり)。


チーズだけでなく、プロシュートなどコールドミートも旨し。こんなスライサー欲しい。
それにしてもまだすいているカウンターに陣取った私たち、一杯と言いあいながらなぜボトル頼んでおるのか。お互いそこんとこは突っ込まない、師匠と丁稚のあ・うんの呼吸。


チーズは前回頼んで美味しかったウォッシュタイプのLocal C、地元ブルックリンブリュワリーで作られたシープチーズ。こちらはレーズンのマリネと。もう1種はCaveman Blue、そのまま訳したら洞窟男のブルーチーズを。って、Caveはフランス語で貯蔵庫の意味らしいが、くらーい洞窟でカビ相手にじっとり話しかける男を想像するのもまた楽し。こちらは甘い胡麻のペーストと。紙袋に入って出てくるパンやフラットブレッドもありがたし。
さくっと飲んで、熟成されたチーズみたいに濃い(と本人たちだけが思っておる)話をかわしつつ、気づいたらボトルが空いておった。正確には、ちょいと二杯半、てとこか。私はこれから二軒目へ…。

Murray's Cheese Bar 
264 Bleecker St, New York, NY 10014 
◆前回のチーズ・バーの記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<その手羽って | TOP | 傷跡対策>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1903-8db03e0f

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS