2014/09/25 (Thu) 『着物の時間。』ムックブック


着物を着る人なら知らない人はいない、着物スタイリストで江戸着物研究家の大久保信子さん。大御所なのに、ちっとも気取らないチャーミングな笑顔。
おそれ多くも、この憧れの大久保さんに着付けていただいのが数年まえ。雑誌クロワッサンで真っ先に開く連載ページ、「着物の時間。」の取材でのことでした。
そしてこの連載をまとめたクロワッサン特別編集のムックブック『着物の時間。』に、このたび私の記事も再録されることに。
いやはや、取材の依頼がきたときも、人違いじゃ…?といぶかったものだけど。ムックブックにまで載せていただけるとは思ってもいなかったので、びっくり光栄。嬉しいような、申し訳ないような、着物愛好家の方々の視線がおそろしいような…(汗)。


こちらは撮影場所、東京国立博物館内の黒田記念館。私とヘアメイクさんだけ蚊の猛攻撃にあったのも懐かしい思い出。母が若いころ、お姉さん(私の叔母)に仕立ててもらったという着物を着ています。

ちなみに記事のタイトルは、母の名言から、
「大丈夫。羽織で隠せばこわくない!」。
……ザッパーな母にしてザッパーな娘あり。ともにO型。いくら着ても着付けが上達しないわけじゃ、とほほほ…。


人気の長寿連載ゆえ、このムックブックもすでに4冊目(私もバックナンバーをうっとり愛読中)。表紙の原田知世さんの楚々としたたたずまいが美しすぎる。女優さんをはじめスタイリスト、アーティスト他様々な業界から総勢61名、それぞれの着物それぞれの思い。
私のページはともかく(なんなら飛ばしていただいても…)、着物がお好きな方なら、楽しんでいただけるのではないかと。よろしかったら、お手にとってみてくださいね。

クロワッサン特別編集 着物の時間。
マガジンハウス 2014年9月25日発売 
◆取材当日、ぜったい自分じゃできなさそうな髪型にしていただいた記事は、こちら

書(描)きもの | trackback(0) | comment(0) |


<<おまかせ@牛若丸 | TOP | サン・ジェナーロ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1909-eebf1f8f

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS