2014/10/13 (Mon) 紫蘇の実の生姜みりん醤油漬け


紫蘇の実の生姜みりん醤油漬け。私が心でひそかにお隣さん版辰巳芳子さんと呼んで敬っておるおばあちゃんからのお裾わけ。母が真似して作ってみたところ「なぁんだか、ぼけた味」だったらしい。母よ、みりんは煮切るのか、醤油とみりんの比率はどうなのか、等々ぜひ突っ込んで聞いてほしいものだ…。


そのままでちびっとつまんだりご飯にのせて楽しんだ後は、豆苗おひたしと和えて。これまた紫蘇がいい仕事してくれる。


帰国時に何回秋刀魚を食べられるか。でも鯖も鰯も鰤もいっときたい。幸せな悩みの後は、たぶんNYの魚屋の店頭で光り物事情を嘆くことになるんじゃろうな。
大根おろしに添えたのは初めて実った庭の柚子(表面をゼスト用に削られた後)。遠隔操作で早春に草木灰を根もとに撒いてもらったのが、功を奏したのかも。それに比べ我がベランダの柚子さんは…(いいのよ、いいの、生きてくれているだけで→棒読み)。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<欲をだしたら雲丹が薄かったパスタ | TOP | 機内2食目>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1931-697de4be

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS