2014/10/14 (Tue) 海鮮居酒屋探訪2014~魚米


いつものテリトリーは町田、下北沢、中央線なもんで、新宿の飲み屋を食べログまくってみた。むろんキーワードは、魚と酒。そして見つけたのがこの看板の一番下の店、魚米(うおべい)。ふっふ、キーワードそのまんまじゃ惹かれるにきまっておる。


お通しにこんな見事なきびなごの炙り登場。炙り加減が絶妙でほっくり。アメリカじゃお通しという概念はあまりないから旅行者で文句を言う人もおるようだけど、こんな旨いものが座った途端に出てくるなら文句なし。


こちらはぴっかぴかの甑島きびなごの漁師漬け。きらめく小魚の洗礼浴びつつ、介護話を友人ととっくり。こっちはきらめかないけど仕方ない…。一緒に真夜中のグリニッチヴィレッジに繰り出しては(というよりコヤツに無理やりつき合わされた)、このきびなごみたいにぴちぴちな美しき男娼眺めてにまにま(主に彼が)してたっていうのに。
…そんな年になったんだのう、おたがい。


あん肝の盛りに一時帰国して数日目の我は感動す。


水蛸のカルパッチョ。オリーブオイルに赤紫蘇の芽に岩塩の組み合わせ、メモメモ。


友人の頼んだ冷汁サラダ。冷汁って西のほうのもんなのかな。我が実家では出てきたことないなあ。それをサラダに。ほほう…。


店員さんがどーんと見せてくれる朝捕れの魚桶には新鮮な魚がひしめいていて迷ったのだが、かわはぎを。肝をくるんで食べたらもう絶品。店員さんが、穴子に「自分はまだ元気!生きてる!」と勘違いさせてさばく術(かなりの意訳)の話をしてくれたのが面白かったなあ。
ということで、日本の海鮮居酒屋めぐりの幕開けであった。魚と米(でできた酒)があるところに我あり…まわりの皆さん、どうかしばらくお付き合いのほどを。

魚米 
東京都新宿区新宿3-35-10 

| trackback(0) | comment(2) |


<<効く…。 | TOP | ゆで落花生と旅行者の顔>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/26 01:39 | [ 編集 ]


鍵コメAさん★ 

昨日は楽しかったねー、お土産もありがとう♪
懐かしい仲良しの友達にも何十年ぶりかにあえてうれしかったなあ。
1年が過ぎるのがあっという間でびっくり!それでは温泉いってきやす♪

2014/10/26 09:45 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1932-c8d5d0b8

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS