2014/10/24 (Fri) 晃月にて白子にさけぶ


今帰国お初の晃月@下北沢。駅から徒歩2分といえど毎年もれなく迷っていたのだが、とうとう迷わずにすいっと来られたぞな。これぞ方向音痴なりの、常連への道のりか。


本日のお酒は梵の吟粋。軽やかで瑞々しい飲み口はつい進みすぎて危険くん。ここは、卵やイカそぼろといった突き出しの小鉢も、店名通りに和むお味でほっとする。野菜摂取にはいつもの茹で上げキャベツ。厚~く削ったかつおぶし、つまんでこのまんまニューヨークにもって帰りたし…。


炙りしめ鯖の絶妙な脂ののりと炙り具合のWあぶ加減に舌鼓をうったら、


何も言わずとも、骨回りをかりっと焼いて出してくれるところもすんばらしや。


ごぼうの卵とじ、甘すぎない味付けにごぼうの歯ごたえが嬉しい(つよめの甘辛味が苦手なもんで)。


今日もこの子はいるかしらんと楽しみにしてきた白子。去年は塩焼きだったから今年は醤油焼きで。食べたとたん、美味しい物を食べると昔から大声あげて喜ぶ友達が「うんまい!」と叫んでくれた。よしよしっ。


干からびたエイリアンのような見かけに、昔ハマっていたXファイルの映像がふとよぎるも、噛みしめるほどにしみじみ旨いホタルイカの炙り。
いつもは大学のバンド仲間とくることが多いこの店に音楽出版社時代の友達を案内したら、2人ともかなり喜んでくれて何より。めったに会えないから、昔話に加えて近況報告会が中心で。もちろん!私の入院話でも笑わせて(いまだからこそ)差しあげたぜ。

和みや 晃月 
東京都世田谷区北沢2-9-2 
◆去年の記事は、こちら
相変わらず白子を頼んでおるな…。

| trackback(0) | comment(0) |


<<実家園芸、備忘録 | TOP | 真鯖はどこへ行った >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1945-3c921a63

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS