2014/11/08 (Sat) 初グリル鯖


なんということない真鯖写真。しかもちょい焼きすぎ風味(べつに風味は狙っておらんが)。だが私にとっては記念の一枚なので載せてみる。初めて自分で実家の魚焼きグリル(あのガスコンロにくっついてるやつね。て、説明しないでも日本なら当たり前?)で魚を焼いたので。
というのも私は22年前渡米するまではアパート暮らしで仕事も忙しかったため、ろくに自炊せず。必要とあらば高円寺の定食屋で女ひとり周りずらっと男、という状態も臆せず定食などむさぼっていたのだった(そのほうがたまーの自炊より安いし、と言い訳)。
ということでアメリカでは両面焼きフィッシュロースターは使っているが、内蔵グリルは初めて。昨日からやや調子の悪かった母の具合がかなり悪くなり、いきなり鯖焼きを任命されたのであった。
ちょっとおかーさん、これ、何分でひっくり返すんだっけ…しーん。これは自己判断しかない。で、ど、どうにか焼けた、父も美味しく食べた、の図である。前置き長いわりにしょぼい写真ですまん。ちなみに鯖って魚焼きグリルの場合、皮と身、どっちを最初に上にするのかご存知の方教えてください(魚師匠が泣く、いまさらな質問)。


春菊の胡麻和え、蒸した蕪にお助けもんのフォロ・ドレッシング、野菜の柚子漬け。私に似て病院嫌いの母だが、月曜朝いちで妹と一緒になんとか逃げようとする母を病院へと連れて行った。大したことないようで、ほっ…。しかし予約なしの病院突撃は、待つものだなぁ。親子三人、病院内のコンビニで昼ご飯であった。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<おつかいと春巻き | TOP | 海鮮居酒屋探訪2014~とぶさかな>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1974-6132e31c

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS