2014/11/15 (Sat) 餃子で明けて餃子で〆る


NYに戻る前々日の晩ごはんは、最後の魚晩餐。脂がいい具合にのった鯵刺しに雲丹、長芋ととんぶりあえ、春菊辛子あえ、母のかぼちゃ煮。
そして前日は、到着日とおなじく、母の餃子をリクエスト。全方位から焼くので揚げ餃子のようにかりっとして旨いのじゃ。食べおさめエシャロットに根生姜、それに牡蠣のあおさのりと柚子酢醤油あえ。餃子と甲羅組の牡蠣で明けて、〆る日本滞在とな。晩酌に飲み続けた黒龍いっちょらいさんともお別れ。涙。


ハヤトウリを母が食べたことないというので、見本に切って辛子漬けに。気にいったらしく、これからぜひ買ってみる、と言っていた。ま、あまり売っていないのが難だけど。
今年は事務的な手続きや(数字苦手なのに)母の病院騒ぎ、園芸などで(すこしはお仕事も)忙しかったなあ。めずらしく親子喧嘩する暇もなかった。…ま、そんなぐらいのほうがいいのか。
来年まで会えないと思うともちろんさびしくなるんだけれど、マイレージの関係でNYに戻って早々、来年の帰国便を予約することになる。日付がきまると、なんとなく寂しさがちょっぴりまぎれてくれる。
もしかして、カレンダーに予定が一杯入っていないと嫌な人って、忙しがしぶりでなく、寂しがりやだったりしてのう。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<JFK着 | TOP | パスタと泥棒>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/1982-f4e6cf93

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS