2011/10/10 (Mon) 長いエスカレーターで辿り着く飲茶


友だち夫婦と彼らの姪っこさんとチャイナタウンに飲茶を食べに。週末はすごく混むけれど、平日だったのでなんとか並ばずに入り込めた。それでも大宴会場かというほどのひろーい店内は、すでに大賑わい。それでは、「新郎新婦の入場を…」なんて声が聞こえそうじゃ。
おばちゃんたちが押すカートの中身が気になって、一同落ち着かないことこの上なし…あらかじめ紙に書き込む注文式も楽だけど、やっぱりこれがカート式飲茶の醍醐味じゃ。
ちなみにこの金豊大酒楼、店に入るまでにやたらと長いエスカレーターに乗る。まさに美味しいもの目指して天国への階段(エスカレーターだけど)をすーいすいと。


大根餅を舌火傷せずに食べられる大人にいつかなりたい。って人生半ばすぎてたぶん無理。


海老蒸し餃子、ポーク餃子、スペアリブの煮込み、厚揚げの詰め物…大勢でいくほど、いろんな味と食感が楽しめるから飲茶はたのし。しかも注文のスタンプはたくさん押されているのに、皆で割ったら驚くほどお安かった。
いつもは飲茶というと、ゴールデンユニコーンか手軽にディムサムGoGoだけれど、ここも断然気にいったなぁ。昼間はとくに出不精の私を(あれこれやっておるうちに、午後になってしまうのだ)、誘ってくれてありがとねー。狙いは平日の昼間、また来よう(家を出られれば…)。

金豊大酒楼 Jing Fong Restaurant
20 Elizabeth St. New York, NY 10013 

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


<<お初MBTで、マサイ歩き | TOP | 顔、光ってなんぼ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2000-50f8abe7

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Amazon著者ページ
Instagram
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS