2015/01/11 (Sun) むくむくとポップオーバー


ポップオーバー、と打とうとしてポップオージーと書いてしまった。それじゃあコアラかなんかを抱いて陽気に歌うオーストラリア人ではないか。というかイメージそのままではないか(偏見)。ということで隊員のリクエストにより、ポップオーバーを焼いた(当然のごとく隊長が)。
隊長の敬愛するアルトン・ブラウン先生のレシピじゃ。このゆるゆるの、性格的には隊員みたいな生地が、


入道雲みたいにむくむくとふくらむのが、面白かわいいのう。


レシピを簡単に書いておくとしようか…隊長が日本語を読めないのをいいことに偉そうに。
1. オーブンを400Fに温めておく。
2. 以下の材料をミキサーでががー(カップはアメリカ基準)。
卵大2個、牛乳1カップ、バター溶かしたもの大1、4.5ozの小麦粉(強力粉でもok)、塩小1。
3. スプレーオイルかバター(分量外)を塗ったマフィン型に生地を流し込む。2/3ぐらいの高さまで。
4. 400Fのオーブンで40分焼く。焼けたらすぐに型から取り出して、ラックの上でさます。
余りを冷凍しておくときは、ナイフの先などでぷすっと穴を開けておくと、そのまま萎まないで保存できる。

シュークリームはクリームより皮がすきな私としては、このふわふわもっちりにふくらんだポップオーバーが好物なのである。2つに割って、スクランブルエッグをつめても美味しそう。
400Fってけっこう高温なんだけど、40分も焼いて焦げないのがベーキング素人の隊員にはすごく不思議だ。生地がゆるいせいだろうか。想像図としては40分かけて、生地内で蒸された空気がポップ、ポップ、むっくむっく…と口ずさみながら膨らんでいく感じである。そのままか。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<例の雲丹缶 | TOP | 鴨のプロシュート>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2008-edd0b210

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS