2014/12/02 (Tue) 牛若丸で友を見送る


数ヶ月の滞在を終えて日本に戻る友人とちょいと一杯(のわけはなく、と)@牛若丸。ふたりお別れ会、と言っても彼女はしょっちゅう行き来しておるので、単なる飲み会の言い訳、ともいうが…。でも日本に戻ったら新しい人生設計をあれこれたてているようで、聞いていてこちらまでわくわくとやる気になった。人の希望は、美味しい栄養だのう。


あん肝に肴3種盛り。NYでこういうアテをつまみながら日本酒をちびちびできるとは、なんという幸せ。あん肝、また自分でも作りたいのだが、どこかで売っていないかのう。


身があまぁいたらば蟹にぷちっと弾ける筋子。寒いのは苦手だが、雪と北の味は冬には不可欠なり。


しっかり下味のついたマグロの竜田揚げはレモンを絞って、塩を気持ち程度にぱらっとな。


もちろん私のことだから鯖は真っ先に頼んだのだが「あと少し」「もう少し…」と言われ待ち続けて結局ありつけなかったのが残念。解凍が間に合わなかったんだろうか。しかしコハダやシンコで光り物愛を満足させたのでよしとする。サンタバーバラ産の雲丹もみる貝も、ああ書いている今もまた食べたい…。
この後は、ご近所のフクロウさんでまた日本酒。日本の日常へとあかるい笑顔で戻っていく友を、頼もしく見送ってソーホーからLESへと。

Ushiwakamaru
136 W Houston St. New York, NY 10012

◆牛若丸にて着物ごはん会、のはずがあっさり挫折して洋服会になった記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<テネメント博物館のショップをちら見 | TOP | コンテンポラリー・バレエ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2027-25cf0870

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS