2014/12/07 (Sun) テネメント博物館のショップをちら見


いつ行っても新しい店ができたり昔からある店がつぶれていたりと、新旧入れ替わり激しいオーチャード通り界隈を、コートの衿たてて散歩中。


そして通りがかるとつい覗いてしまうのが、移民時代の様々な品を展示するテネメント博物館のミュージアム・ショップじゃ。数年前にリニューアルして通りのお向かいから移ってから、品揃えも増えて面白いものが見つかる。NYのお土産を探すのって意外に苦労するけれど、ここに来ればなにかしら見つかるんではないだろうか。グランドセントラル駅内の交通博物館のショップとともに、ギフトシーズンには心強い味方なのだった。といいつつ、本人が楽しんでおるんだがのう。


移民時代のロウワーイースト・サイドの雰囲気が好きなので、写真集を眺めているだけで楽しい。奥には絵本コーナーもあり。


こういう着せ替え人形、自分でも作ったっけ。で、白い折りしろみたいな部分が数回ですぐちぎれる、という。


ナイロンのエコバッグ、お買い上げ。上の地下鉄路線図と迷ったけれど、その下にあるNYの街角がカラフルにコラージュされているものをJニスに。「バッグに乗ってる場所、どれも好きなのよー!」と喜んでくれてよかった。自分でもほしくなったけれど、エコバッグを持ちすぎておってちっともエコじゃないのでおあずけに。ちら見じゃないな、けっこう長居してもうた。

The Tenement Museum
103 Orchard St. New York, NY 10002

◆とってつけたように、拙著『ニューヨーク街角スケッチ』からのイラストギャラリーは、こちららん

買いもの | trackback(0) | comment(0) |


<<駐車場とクラブケーキ | TOP | 牛若丸で友を見送る>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2038-2a7bb568

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS