2014/12/09 (Tue) 手から手への寿司と、せいこ蟹


本日は、お茶の稽古仲間と語り合いつつのお寿司を食べようよの会@久々の鹿の山さんへ。着物で…という声も一瞬でたが、この寒さに瞬時に消滅。近ごろ、諦め早すぎじゃあ? 


3人なので、カウンターでなくテーブル席で。まったり旨いあん肝、こんな綺麗な形に作りたいのに自分でやるといびつになるのはなぜなのか…。


上品なだしの味がしみた冬瓜湯葉まきをつつきつつ、お酒は山形の出羽桜。いつも家で飲んでおる泉十段でなく、ふっくら爽やかな風味の桜花を。


そしてなんとこの日はせいこ蟹に遭遇。メニューに見つけたときは目を瞠ってしもうた。日本の帰国時に食べそこねたせいこ蟹に出会えるとは。もちろん北陸から海でなく空を渡ってきたあまぁい蟹。外子がないのは残念だけど、したには内子もたっぷりと。ああしゃーわせ、なので八海山も追加といこう…。
この後はおまかせ寿司ボックスを。と、ここで「よかったらカウンターにお移りになりますか。カウンターなら1つずつお出しできますが」と声をかけてくださり、三人ならんでカウンターへ移動。


カウンターでは、オーナーシェフののぶさんが、手から手へと握りを渡してくれる。写真のために笑顔で静止してくれるやさしい大将。


手から手へ。ぬくもりのこもった寿司、んまいっ。市の条例で寿司職人は手袋をつけて握るべし、なんてことに万一なったら、暴動が起こるに違いなしじゃ。
私はまぐろより光り物ラブなので、青魚中心に変えていただいたのじゃが(絶品の秋刀魚や鯖!)、最後の巻き物も「まぐろ苦手なんですよね、梅シソにしますか」と。そこは「いえっ苦手じゃないんです」とトロを。そう苦手じゃないの、優先順位なだけで…(げんきんな)。


お茶仲間にふさわしく、濃厚なまっ茶のアイスクリームで締め。3人のうちHちゃんは上級者なのであれこれ尋ねたり、下っ端の私とGちゃんとで「あのお点前小むずかしすぎ!」などと初歩レベルの突っ込みを入れてたら、「お茶をやられているんですか?」と大将からもお声が。やる…というより、しごかれておるというか…もじもじ。
この鹿の山さんは好きで昔よく来ていたのだが、マンハッタンにどんどん気になる和食店が出来るので試すうち、つい存在を忘れておったのだった。Hちゃんお気に入りだそうで、こんな上質な寿司を食べさせてもらえる店を思い出させてもらって、よかったよかった。せいこ蟹があるうちに、また来たいなあ…。

Kanoyama
175 2nd Ave. New York, NY 10003

| trackback(0) | comment(0) |


<<無念のRiki | TOP | ポーリッシュ・デリ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2046-a0a4be16

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS