2015/03/03 (Tue) クレオールの民話


旅のお供に、日本から持ち帰ってきたこの本を真っ先に入れた。クレオール文学の第一人者といわれるパトリック・シャモワゾーの「クレオールの民話」。クレオール文化はニューオリンズも含め、かなり興味があるので、この先もぼちぼちと学んでいきたい所存なり。そして、もう何度読んだかわからない小泉八雲の「クレオール物語」もまた持って来た。私にとって八雲は、日本の怪談よりも断然、彼が数年間に渡る西インド諸島の滞在中に残した作品なのじゃ。


といいつつ…、いつも本を何冊も持参したって、空港でもらえる地元の情報誌や地図を眺めるのに忙しいのと、遊び疲れですぐ眠気が訪れるのとで、ちぃともページが進まないんだがのう。ちなみに「SXM」は、セント・マーティンの空港コード。空港コードをお土産品やらTシャツやらにここまで多用する場所って珍しいんではなかろうか。

クレオールの民話 / パトリック・シャモワゾー

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<ただいま、海 | TOP | JFKにて、生春巻き>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2068-ed7376bf

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS