2015/03/06 (Fri) 橋のたもとのレストラン


わが宿の女将Sジーさんが「今晩なにしてんのー? よかったら、ご飯行かない?」と誘ってくれたので、「行く行く~」と彼女お勧めのマリゴのクレオールレストランへ。お、Sジーさん、めっちゃお洒落しておる。
ブリッジ・レストラン、という名前そのまま、マリゴの賑わいから少し離れた橋のたもとにある。夜景を眺めながら、美味しいクレオール料理を食べられるということで人気らしい。グランカーズのフレンチレストランではめったに地元客は見かけないのだが、この店は観光客とローカルの人たちがいい感じで混在。


隊長とSジーさんは迷いもなくビュッフェ(30ユーロだったかな。お得だと思う!)を。


フライド・プランテーンにライス&ピーズなど、サイドも充実しておる。しかし「食べたいものしか食べたくない」「しかしあればつい食べてしまう」というわがままかつ意志薄弱な私は、アラカルトで。


ふたりのお皿は予想通りにぎやか。BBQチキンや、アクラ、


クレオールシュリンプも旨そうじゃ。しかしSジーさん、私に「痩せたいのよね」とかなり熱心にダイエットのことを訊くわりには、お皿に炭水化物たっぷり…。私と同じで意志は弱いらしい。


色々な店のクラブ・ファルシを食べ歩きたい私は、まずクラブケーキから。殻が手に入らないことも多いので、そうすると「ケーキ」になるんだのう。味見したSジーさんいわく「うん、ここのはつなぎが少なくて美味しいわっ」のこと。確かに蟹肉たっぷりで適度にスパイシー、白ワインが進むくん。


そして、コンク・スキャンピを。このコンク、やぁらかい~。コンクはタコと一緒で、調理時間はさっと軽くか、じっくりと、かどちらかと見た。これはじっくり派、とろけるようなコンクににんにくの効いたソースがたっぷり。食べ切れなかったのでお持ち帰りして、ランチにいただこうっと。


当然のごとく二人はデザートも。


「フルーツならいいわよね…」と自己弁護なSジー…。いやいや、その端の黒いのはなんじゃ。
金曜の夜はバンドも入っていて、年季の入ったおっちゃんたちによる演奏がかなり楽しかった。カリプソにズークとカリビアンミュージックのメドレー、いいねぇいいねぇ。普段ならステージ前はダンスフロアになって盛り上がるらしいのだが、この日は地元のパーティー客の団体が入っていて踊れず。踊る気満々だったSジーさん、かなり残念そう。でも誘ってもらったおかげで、あらたなお店を開拓できて嬉しい。運転手も買って出てくれて、ありがとうね。ちなみにご主人は別の催しに出かけていて、子どもはお姉さんに預けてきたとか。楽しそうなご夫婦なんである。

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<島の自慢の橋 | TOP | 高級食材を愛でる(だけ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2092-f4fc14aa

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS