2015/05/02 (Sat) 念願ホットソース


バタフライ・ファームで宝石みたいなサナギにうっとりした後はまたもオリエント・ビーチ方面へ。最近ファームからオリエント・ビーチへと続く道を発見したもので嬉しいのだ。ちなみにオリエント・ビーチの奥のほうはヌーディストビーチのエリア。たまにそちらから流れてくる人もいて、綺麗なお姉さんならいいが太ったおじさんなどの見たくないものも見せられてしまうという難点があるのじゃった…。
相変わらずここのビーチは広々と綺麗だのう。


しかしパラソルを借りてゆっくりする気はなし。グランカーズの湾にまもられた岩場近くで、お魚探したりウニ眺めたりしてるほうが楽しいもんで。


ではなぜ来たかというと、アンディさん亡き後の奥さんのシェリルさんがひき継いだベイウォッチのビーチレストランに寄るため。何年も前にここで買った特製激辛ホットソースが気にいって、島に来るたびに売っているか訊いている。たいていは「今日はないわー」とか「あと数週間して来てくれたらあるんだけど」などとあしらわれ、空振りに終わるのだが。今年はなんとシェリルさん、「ちょっと待ってて。たぶんあると思うので」と。おおっ、あるのか(期待してなかった)。


しかし、待てども待てども戻ってこない。もしや私たちの存在を忘れた?と不安になるぐらい待っている間、お店名物、アメリカや世界のいろんなナンバープレートがみっしり飾られた天井を眺める。これが面白い。鹿やビーチや楓の葉、その州の特徴が書かれたプレートは「さてどこの州でしょう」というクイズにできそう。
と見ていたら、カナダドライの空き瓶に入れたホットソースを持って来てくれた。やたー、数年目にして念願叶ったわい。多分このカナダドライの瓶を探すのに手間取っていたのだと思われる…。値段は$10、ちょと高い…確かまえは$5だったぞ。きっと誰もホットソースを売ってくれなんて来ないから、シェリルさんも商売っ気を出したんであろうか。まっ、数年持つからいっか。


相変わらずイケイケすぎるファッションなビーチのお店。これらを着る日は来世でも来ないだろう。

Andy and Cheryl's Baywatch
Orient Bay, St.Martin

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<横道風景 | TOP | 2015セント・マーティン島11日目~蝶園の宝石>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2128-1a099578

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS