2015/05/04 (Mon) バッカスの饗宴


発端は、宿の先客が残していった雑誌やらなにやらを眺めていたときじゃった(そのままになっているものだから、何年も前のタブロイド誌なんかもあって面白い)。バッカスという店のカタログがあったのだが、これが何十種ものキャビアとかフォアグラとか、やたらとグルメなんである。気になって調べたら、なんと毎日のように買物に行くホープ・エステート・エリアにあるらしい。ええ~、覗きたい!連れて行っておくれ、と早速お抱え運転手に命じたのじゃった。「どうせ買わないくせに…」と運転手がこぼした気がするが、気のせいね。
運転手自慢のGPSもこの中じゃ効かないらしい。倉庫街のようなエリアをぐるぐると何周もして、奥のほうにようやっと見つけた。バッカスさん。グルメショップに加えて、レストランにもなっているらしい。


店内には、ワインに加え高級食材がたくさん。くぅ、眩しいぜ…。


ずらりと並ぶキャビアにトリュフ、珍しいチーズにお惣菜の数々。「うずらのトリュフとアプリコット詰め」って美味しそう…隊長(兼、運転手)作っておくれ。


コンフィの数だけでもすごいなあ。気後れする高級食材にまじって、何気なく野菜のマーシュがそれも普通の値段で混じっているところが微笑まし。フランス人、この野菜がどれだけ好きなのか。


冷凍庫のドアに穴があくほど、フォアグラを眺める不気味な東洋と化してしまう…。


ワインセラーもまた充実。近くのGrape Wineも楽しいけれど、ここの方が断然充実しておるなあ。また今日も眺めるだけで買わなかったが、来年はここで食材を仕入れて一度ぐらい宿で晩ごはんを食べてもいいかもしれない。脳内には、厚切りフォアグラをじゅーと焼く自分の姿が…。

Bacchus
Hope Estate, St.Martin
◆高級ワインショップ、Grape Wineの記事は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<庶民派スーパー | TOP | 横道風景>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2130-fa44388f

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS