2015/05/06 (Wed) カリブ花散歩2015


恒例、カリブの花散歩。ハイビスカスや蘭みたいな豪華1点物の花より、小さな花が寄り添ったちまちま系が好きなので、そんな花ばかり目に入る。性格と花の好みは似るのであろうか。花の名が解る方、おしえてくださいませ(1つも解らんのかyo!)。


宿の庭。この階段を毎日てくてくと下りてビーチへと向かう。階段の途中で足を止めて、奇妙な形に吊りさがるバナナの花を間近で見上げるのが楽しみだったのだが(すると、こんな形のものがさりげなくそこにあっていいのか…とむずむずする気持ちがこみあげてくる)、これも昨秋のハリケーンでやられてしまったらしい。消えていたのが残念。


最近のお気に入りはトゲトゲに守られた花。


普段は「日本の伝統色」に載っているような婆好みな色合いが好きじゃが、この花のピンク色はすんごい好み。オペラピンクに近いかな。それも透明水彩絵の具の。


雨上がりにカタツムリ発見。カリブのカタツムリはタニシみたいな形…と脳内に勝手にインプット。


こちらはいつもいつも見とれるグラカーズ・ブルバード沿いの「ブーゲリンビリヤの家」。綺麗なところだけ映したけれど、実は「今年は枯れた枝も多いし、花のつきが今ひとつ悪いなぁ」と気になって眺めていた。すると、スプレーを手にしたその家の女性が出てきて、話しかけてきた。「三ヶ月留守にした時に、病気にやられちゃったみたいなのよ」と嘆きながら、薬剤をしゅっしゅ。「そうですよね、いつもはもっと咲いてますよね」と思わず力をこめてしまった。
南国だからそのままでも自由に咲き誇っていたのかと思っていたら、毎日きちんと手入れされてたんだのう。どうか見事で元気なブーゲンさん、復活しますように。


これ、これ、フランボヤン? 訊ねる人がいないのでかたわらの隊長に聞いたが、肉食星人に花の名が解るべくもなく。いつかローランド・リチャードソンの絵みたいなオレンジに燃えさかる木を見たいけれど、ほんのちょっと見られただけでも嬉しい(違ったりして)。

◆カリブ花散歩2014は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<島最後の晩餐はやっぱりアレで | TOP | 庶民派スーパー >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2132-f17ffa56

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS