2015/05/14 (Thu) 燻し鯖焼き


改稿の苦しみ、草履の鼻緒ずれの痛みに眉が寄り気味の日。
そんな日の晩ごはんには、自家製の燻製鯖の塩焼きで元気をつけようぞ。あれだけ魚教室でおろし方を習ったのに、鯖は魚屋で二枚におろしてもらった軟弱者。


フィッシュロースターからたまらなく芳しい燻し香を漂わせつつ、燻製の飴色にさらに深みがかかった。添えたのは、ホースラディッシュにちょっと醤油を混ぜたもの。
グレートノーザンビーンズのコリアンダーと玉ねぎ和えに焼き舞茸、ローズマリーポテトと。自家製だと、保存のためというより香りづけのためだから塩はほとんど振らない。ブラインもしない。市販のしょっぱすぎる燻製より旨いっ、と手前味噌。


こんなに美味しい燻し鯖なのに、光り物苦手な隊長はひとりティラピアのハープ焼きをペストソースで。人生の楽しみを相当逃がしておると思うがな、隊長よ…。おまけに魚卵はキャビアにしか興味ないらしい。キャビアもいいが、からすみじゃろう!と声を大にしてもひとり。


平茸にフレンチレンティルとワイルドライス、パセリと蒸しキャベツのサラダに、キプロスのチーズ、ハルーミのっけ。このコクのある焼きチーズを齧りながら食べると、うまうま。フレンチレンティル、燻していないのにスモーキーな香りがするところが気に入っている。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<行者にんにくがやってきた | TOP | 柚子さんの環状剥皮>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2142-17116c80

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS