2015/05/31 (Sun) 鳥の心がわかる店


このところは園芸活動に熱心な週末。間引きや種植え、あれこれあれど、本日一番大変だったのは(隊長が→他人事)、厳冬で枯れてしまったツゲさんを遂に撤去する作業であった。巨大なプランターには根がびっしり。少しずつ少しずつ根をほぐして取り出さなきゃならなかったらしい。空っぽになったプランターのさみしげなこと。代わりの「寒さに強い」「風にも強い」庭木、買わんとなあ。
そんな日の晩ごはんは、バスに乗ってアッパーイースト・サイドまで焼き鳥食べに。網目が綺麗だのう、クイーズボロ橋。いつだったかサーカスが来た時、乗り物に乗り切らない動物たちがこの橋を行進して渡ったらしい。そんなフェリーニみたいな光景、見てみたかった。


目指すは久々の鳥心さん。出不精なもんで普段は外食といったらもっぱらダウンタウン、しかもご近所LESだが、ここの焼き鳥ならアッパーイーストまで来る価値はあるというものだ。黒龍啜りつつ、まずは絶品の蟹みそやししとうなんぞを。


焼き場で黙々と串を操る方々を眺めていると、期待はもくもくと高まる、高まる。


新鮮な筍がうーーむむむと唸りたくなるほど旨し。春の香りが炙られ、凝縮されて、口のなかでふっくらと芽を放つ。水煮の筍でさえ日本産は高くて日系スーパーで躊躇するのに、なんとも贅沢なことじゃ。


鶏皮、砂肝、肝。この夏もベランダBBQにいそしむ予定だが、この柔らかくとろける肝を目指して精進せねばねば…。


途中に野菜なども挟みつつ、


またまた鶏の行進じゃ。かしわゆず胡椒、手羽、鴨と鶏のつくね、ぼんじり、うずらなど。
鶏の質はもちろん、切り分け方、焼き加減、塩の加減、すべての「加減」が完璧なバランスで1本の串で貫かれておる。ははぁ、鳥の心がわかるから、この店名なのか、と。


豚バラの脂がしゃっきりあまい。白いご飯を頼んで、いったんご飯に着地させて肉から出た旨みなどを米にもしみこませつつ、また串に食らいつく。胃も舌も目も極端にたのしんでおる。極楽。

鳥心
1193 1st Avenue, New York, NY 10065 

| trackback(0) | comment(6) |


<<はと麦とろ | TOP | 睡蓮の永遠切手>>

comment











管理人のみ閲覧OK


うまそうすぎるッ 

ここんちの焼き鳥、うまそうすぎでしょー!
脂の香ばしい、焼き加減の絶妙さが写真からも伝わってくる-!
NYでもこんな焼き鳥屋さんがあるんですね(日本人の職人さんってスゴイ!!)

帰国の際は一緒に焼き鳥食べに行こうね!!!

あ、あと28日のチャヨーテの詰め物ローストもすっごく美味しそうッ!手間ひまかかってるのがよくわかる!
ともそんさんちの子になりたくなった(笑)

2015/05/31 23:35 | まこちゃ [ 編集 ]


まこちゃさん★ 

そうなの、昔はNYの焼き鳥は日系はまぁまぁという感じだったんだけど(なにしろ日本で焼き鳥食べ歩いていたから。笑)、最近は美味しいところがちらほら出来て私も嬉しい~。
チャヨーテはね、ちょっと面倒だったから次は手抜き番で挑戦したいなと…。
私はT家の子になりたいよー、庭の果物だとか美味しそうな和食、うらやましす(笑)。

2015/06/01 07:03 | ともそん [ 編集 ]


焼き鳥食べ歩き! 

焼き鳥食べ歩きって、なんだか吉田類的で素敵!
近頃のオトナたちにとって、月9はドラマではなく、吉田類の「酒場放浪記」なんだって。。。
ウチなんか前からファンだもんね、類さんの。
町田にも美味しい焼き鳥屋があるらしいから、下見に行かなきゃ。

私にとって忘れられない焼き鳥は、20代の頃、恵比寿駅ソバのおばちゃん達がやってたバラック風の焼き鳥屋で、ビール箱をイス代わりに座って食べた「マクラ」と呼ばれてた、つくねにニラをぐるぐる巻きにして焼いたやつ。「マクラ」は一人2本までとかしか頼んじゃいけなくて、ちょっと焦げたニラの間から肉汁が染み出てきて美味しかったー!あの店もうないだろうなぁ、絶対。

ウチの和食は手抜きですのよー。なんせ最近のヒットは「カブのぬか漬け」なんですから(笑)こんなT家でよかったら、いつでもおいでよー!

2015/06/01 23:49 | まこちゃ [ 編集 ]


まこちゃさん★ 

ほほほー、何しろ居酒屋をこよなく愛する我輩ですからのう。
吉田類さん、いいねぇ。そんな私の愛読書はなぎら健壱さんの「酒にまじわれば」、好きなブログは居酒屋礼賛、高校時代のあだ名はおじさん…。真性おっさんが心に住んどります…。
そんなことより「マクラ」!食べたいー。今度、作ってみようかな。
町田、大野偵察よろしくー。町田は一時は帰国のたびに月忠とかおんどりとか、いってたよ♪(今は海鮮居酒屋が多いかな)

2015/06/02 06:44 | ともそん [ 編集 ]


まくらの店あった! 

「まくら とよかつ」という名前でした!
ビルになっていたが間違いなくココです。
類さんも行ってるじゃないですかー!
http://www.bs-tbs.co.jp/sakaba/shop/116.html
一人2本までというのは私の記憶違い(ゴメン)で、串ものの注文は1回だけ、追加なし、ということだったようです。検索して出てくる画像写真より、記憶の中のまくらはもっとニラぐるぐるだったのですが、どうも私の頭の中は記憶を誇張するクセがあるようなので。。。

なぎら健壱さんいいよねー、自分のことを「あたし」と呼ぶとこなんか江戸っ子の粋だねー♪

焼き鳥探検隊まかせてー!月忠もおんどりも行ったことない(笑)けど、新規開拓してみるねー♪


2015/06/02 15:12 | まこちゃ [ 編集 ]


まこちゃさん★ 

「まくら とよかつ」でかした、まこちゃーーー。この界隈にいく時は行っちゃうかもかも♪
限られた帰国期間で行きたい店がてんこもりで困っちゃう~。大野もいい店たくさんありそうだよね。
そして酔っ払い系の本やブログを眺めるとなんかほのぼのと安心するわたくし…(笑)。

2015/06/03 06:48 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2162-2033beb7

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS