2015/06/23 (Tue) ベリーとレモンシフォンタルト


美味しくイカ墨パエリアやタパスを楽しんだ後は、ひろこ師匠の料理教室、デザート編を。わぁ今回は豪快ですね、師匠。「焼いただけ小豆のタルト」っすか、て違う。この小豆はタルト生地を空焼きするときの「重し」なのである。
最初に豆を重しにすることを習ったとき、「焼くときの重しにした豆は固いので煮ても食べられませんよー、知ってる方は多いと思うけど」と忠告され、「知らんかった、歯が折れるとこだった…」と心で呟いた丁稚である。
お菓子づくりは空気の扱い方が大切なんだなぁ、と生地のこね方、生地の型づくり、焼き方などから学ぶこと多し。どれだけ空気を含ませるか。逆に含ませないか。ほんのちょっとの心がけで焼き上がりはぐんと違う。


飾りじゃないのよ、底のぷちぷち穴は。これは空焼きまえに、空気をためないための穴を開けたところ。
生地を焼いた後は、爽やかな甘酸っぱさのレモンカードをつめたり、フルーツを飾ったり、とあれこれ手をかける。自分のタルトは自分でデコレーションするので、皆さん真剣。


パティシエともそん作タルトの出来上がり。右側にかろうじてひっついているブルーベリーひと粒が、甘酸っぱい初夏の日差しのなかにもいつ夕立がくるかわからないスリリングさを顕しているといえましょう。ラズベリーソース、最初のひとしずくが大きすぎたのも、水たまりの象徴かと。
こじつけはともかく、師匠レシピのタルト生地は、本当にさっくりほろりと口どけ加減がたまらない。レモン香るまろやかなクリーム、市販のものだと酸っぱさと折り合いをつけるためか甘すぎのものが多いのだが、これは絶妙。
タルトを彩る季節の果物、テーブルの大輪の薔薇と紅茶。教わることが一杯であわあわと過ぎていく稽古の時間が、すとんと心あまやかに落ち着く一瞬だ。

習いごはんもの | trackback(0) | comment(2) |


<<ジャーク・ラムといちじく | TOP | イカ墨パエリアとアイディアタパス>>

comment











管理人のみ閲覧OK


お久しぶりです! 

ともそさん、お久しぶりです。コネチカットの洋子です。ああ、イカ墨パエリア、私も大好きです。その昔、マンハッタンに住んでいた頃、イカ墨パエリアを作ろうと思ったのだけど、ここだったら必ずあると思っていた高級スーパーにイカ墨がおいてなくて、あっさり挫折した思い出が!夏だし、スペイン料理、いいですよね。イカ墨パエリア、もう一度チャレンジしてみようかなん。素敵な夏をお過ごしください。

2015/06/24 04:14 | もと、料理教室仲間の洋子 [ 編集 ]


もと、料理教室仲間の洋子さん★ 

お久しぶり、丁稚仲間の洋子ちゃーん、元気にしてる?ミョウガの調子はどう?(私は懲りずに今年もまた挑戦中。笑)
スペイン料理って本当にあかるい陽射しにあうよね。それにしても、せっかくのパエリアのお皿写真撮り忘れた私のばかばか(泣)。ぜひぜひイカ墨パエリア、挑戦してできばえを報告してください♪洋子ちゃんも素敵な夏を♪ 

2015/06/24 07:16 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2188-c541a36e

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS