2015/07/05 (Sun) ニラ醤油


長生きしていたハーブも、つげも、わざわざむしろで巻いて越冬させようとしたミョウガさんの根茎も、すべてここ2年の厳冬で耐えてしまったのに…。この方だけは必ず春になると復活してくれる。ニラさんはたくましいのう。結局、わが厳寒猛風の高層階ベランダで生き延びられるのは、こぼれ種はべつとして、松とニラだけのようで。


細かく刻んで、醤油、みりん、ごま油、ラー油、黒七味でピリ辛ニラ醤油にしたり、


ネギと一緒にナムルにしたり、もちろん定番の炒め物も。
そのまま放置しておくとすぐ茶色くなったり、トウがたつので、せっせと使わねば。でも可憐なニラの花も見たいのであった。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<恒例、グランドセントラル駅のニシンまつり | TOP | 池の向こう岸チーズ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2200-5389524a

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS